ヘルプ

GoDaddyメールマーケティング ヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

マクロを使用した標準リンクの追加

しばらくインターネットを利用している人なら、「 shortcode 」や「 macro 」などの用語をよく耳にすることでしょう。基本的に、これらはすべて、短くて単純なコードまたはコマンドを使用して、プログラムに標準的なことを実行させるための単なる方法です。 GoDaddy Email Marketingメールにリンクを追加することもできます。

GoDaddy では、標準のリンクがフッターに自動的に含まれます。これらの設定は、 Campaign Tweaksアドオンで変更できます。ただし、以下のマクロを使用して、キャンペーン内の任意の場所にリンクを追加することもできます。必要なものをコピーしてテキストモジュールに貼り付けるだけです。メールをプレビューするか[送信]をクリックすると、これらのマクロがクリック可能なリンクに変わります。

メールのマクロとリンク構文

コンポーザはMarkdownと呼ばれる言語を使用するため、リンクテキストの構文は重要です。コンポーザボタンを使用してリンクを追加した場合でも、キャンペーン内のリンクの生のテキストは次のようになります。

[読者に表示されるテキストを表示]( http://yourURLgoeshere.com )

角かっこには、読者がクリック可能と表示するテキストが含まれます。この場合、メールには「読者に表示されるテキストを表示」というクリック可能なリンクのみが表示されます。残りの部分は括弧内に表示されません。括弧には、そのリンクに接続する実際のURLが含まれます。

これらはすべてマクロなので、入力しても完全なURLではありません。メールを送信するときに入力するURLを知るためのショートカットにすぎません。したがって、最初の角かっこ内のテキストは編集できますが、かっこ内のテキストは変更しないでください。

また、メールを購読者に送信する前に、必ずテストするようにしてください。

ショートコードマクロ

友達に転送:

[友達に転送するにはここをクリック]( [[forward_link]] )

または

[友達に転送するにはここをクリック]( [[forward]] )

退会:

[登録解除するにはここをクリック]( [[unsubscribe]] )

または

[登録解除するにはここをクリック]( [[opt_out]] )

購読:

[ここをクリックして登録]( [[subscribe]] )

これにより、デフォルトのサインアップフォームにリンクが追加されます。

Webビュー:

[ここをクリックしてWebで表示]( [[web_link]] )

または

[ここをクリックしてWebで表示]( [[web_view]] )

設定:

[購読設定を管理するにはここをクリック]( [[manage_subscription]] )

「購読設定」アドオンを有効にしている場合、このリンクをクリックすると読者がページに移動し、そこで読者は名前やメールアドレス、メンバーシップのリストを編集できます。

ソーシャルマクロ

ソーシャルアイコンリンク:

[[social_links]]

単独で、表示テキストなしで、アクティブなソーシャルプロフィールのボタンの行が追加されます。

ソーシャル共有リンク:

[Facebookでこれをいいね!]( [[facebook_like]] )

[Twitterで共有するにはここをクリック]( [[twitter_share]] )

[Google+で+1するにはここをクリック]( [[plusone_share]] )

[Pinterestにピン[[pinterest_share]]](_XXXYYY_)

[LinkedInで共有するにはここをクリック]( [[linked_in_share]] )

高度なマクロ

カスタムHTMLユーザーのためのマクロもあります!これらは、HTMLメールを作成する際に、特別な状況で使用する必要があります。通常のコンポーザを使用しているだけなら、心配する必要はありません。

「ビュー」トラッキングを追加:

[[tracking_beacon]]または[[peek_image]]

「転送」トラッキングを追加します。

[[native_forward]]

これにより、メールクライアント内でのネイティブ転送のトラッキングを試みるCSSが挿入されます(つまり、購読者が友達への転送機能を使用せずにキャンペーンを転送したときの表示)。

再確認リンク:

[ここをクリックしてサブスクリプションを確認]( [[confirmation_link]] )

このリンクを含むメールを送信すると、受信者が非表示になり、「未確認」としてマークされます。確認リンクをクリックすると、自動的に抑制が解除され、確認されてアクティブな購読者に再度追加されます。

プレビューテキストの表示:

[[subject_text]]

これにより、メールの内容から抽出された短いテキスト文字列が追加されます。サポートするクライアント(Gmailなど)の受信トレイビューで、件名の後に表示できます。


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。