ヘルプ

GoDaddyヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

ドメインAPIのリリースノート

Domains APIのリリースノートです。今後の機能リリースや新サービスについては、常に最新情報をお届けします。

2020年4月

WHOISプライバシーの変更

2020年7月1日、弊社は、お客様がドメインのプライバシーを管理する方法をより詳細に制御できるように、プライバシーの提供を改善します。まず、製品をキャンセルして再購入しなくても、プライバシーを有効または無効にすることができます。ドメインにプライバシーを最初に追加するときは、プロキシ連絡先情報を使用して、WHOISクエリに応じて個人の連絡先情報が置き換えられます。 WHOISで個人の連絡先情報を一時的に公開するために、新しいexposeWhois属性と、個人の連絡先データを公開することへの同意を検証するための新しい同意キーが導入されています。

PATCH /v1/domains/mydomain.com "consent":{"agreedAt": "2020-03-30T10:00:00Z"、 "agreedBy": "12.13.14.15"、 "agreementKeys":["EXPOSE_WHOIS"]} 、 "exposeWhois": "true"

プロキシ連絡先情報は、次のコマンドを使用して復元できます。契約キーは必要ありません。

PATCH /v1/domains/mydomain.com "exposeWhois": "false"

さらに、2020年7月1日より、すべての新規ドメインと、高度なプライバシー保護をまだ備えていない既存のドメインに対して、無料の基本的なプライバシー保護を提供します。基本プライバシーでは、whoisクエリでほとんどの個人の連絡先データがマスクされ、会社名、国、州のみが公開されます。基本的なプライバシー保護を備えたドメインの場合、上記と同じAPIコマンドを使用してwhoisで個人の連絡先情報をオプションで公開またはマスキングできます。

利用可能になりました:.APP、.DEV、.PAGE

2020年4月28日より、APIユーザーは.APP、.DEV、.PAGEドメインを1つの特別な宿泊施設に登録することができます。 .APP、.DEV、.PAGEは安全な名前空間として指定されています。すべての主要なブラウザでは、これらの名前空間のドメインにSSL証明書が必要です。

登録者はドメインを購入するための前提条件としてSSL証明書を購入する必要はありませんが、ドメイン名プロバイダは、登録時に登録者にブラウザでドメインを提供するためにSSL証明書が必要であることを通知する必要があります。 。

この要件の詳細については、次のAPIメソッドを参照してください。

GET / v1 / domains / agreements?tlds = APP

これらの特別なTLDをサポートするため、購入エンドポイントの本文にある同意セクションにHTTPS_NOTICEという追加の契約キーが導入され、ユーザーがこの要件を確認し、登録を続行することを承認できるようになりました。この新たに必要な同意キーを含めると、有効な購入リクエストの同意セクションは次のようになります。

POST / v1 / domains / purchase "domain": "mydomain.app"、 "consent":{"agreedAt": "2020-03-30T10:00:00Z"、 "agreedBy": "12.13.14.15"、 "agreementKeys ":[" DNRA "、" HTTPS_NOTICE "]}、...

無期限の商標権主張TLD

APIを介して13の追加TLDが利用可能になりました:.ACCOUNTANT、.CRICKET、.DATE、.DOWNLOAD、.FAITH、.LOAN、.MEN、.PARTY、.RACING、.REVIEW、.SCIENCE、.STORAGE、.WIN。これらのTLDは、無期限の商標権主張期間です。現在、商標権の主張があるこれらの13個のネームスペースのドメインは使用不可として扱われます。商標権の主張のないドメインは通常どおり購入できます。

DNSゾーンレコードの制限

すべてのクライアントに対するDNS管理機能のスケーラビリティを確保するために、1つのゾーンで作成できるレコード数に制限を設けています。 2020年4月28日より、標準DNSのお客様はゾーンごとに最大500レコードを作成でき、プレミアムDNSのお客様はゾーンごとに最大1,500レコードを作成できます。この変更は以下のエンドポイントに影響します。

PUT / v1 / domains / {domain} / records PUT / v1 / domains / {domain} / records / {type} PUT / v1 / domains / {domain} / records / {type} / {name} PATCH / v1 / domains / {domain} /レコード

上記のエンドポイントのいずれかが呼び出されると、ゾーンに対する要求された更新によってゾーンがレコード制限を超えるかどうかが評価されます。そうでない場合、リクエストは通常どおり処理されます。その場合、次のエラー詳細を含む422応答が返されます。

コード:ZONE_LIMIT_EXCEEDEDメッセージ:ゾーンは500レコードを超えることはできません。要求された操作は制限を超えます。

現在制限を超えているゾーンについては、既存のレコードはすべてそのまま残ります。ただし、ゾーン全体のレコード数がレコード制限内になるまで、新しいレコードを追加することはできません。これは、PUTメソッドを使用して実行できます。

DNSゾーンレコードページサイズ

ゾーンからレコードを取得する場合、取得するレコード数を示すためにlimitパラメータが使用されます。システムのスケーラビリティを確保するため、2020年4月28日には最大500レコードの制限が適用されます。この変更は以下のエンドポイントに影響します。

GET / v1 / domains / {domain} / records GET / v1 / domains / {domain} / records / {type}

制限が500を超えるリクエストを受信すると、次のエラー詳細を含む422応答が返されます。

コード:VALUE_OVERメッセージ:制限の値は500以下にする必要があります。

ユーザーは、オフセットおよび制限パラメーターを使用して、最大500ページサイズのすべてのゾーンレコードを繰り返し処理できます。


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。