配送方法を変更する

オンラインストアは自動的に送料無料にセットアップされます。ただし、別の配送方法(送料無料、定額、および重量ベース)または運送業者の算出方法を追加できます。これを行うにはオンラインストアプランへの加入が必要です。

顧客がストアで会計するときに、あなたが選択した配送方法とその配送料(該当する場合)が注文要約に表示されます。

  1. GoDaddyに進む 商品ページ
  2. Webサイト + マーケティング」まで下にスクロールして、変更するWebサイトの横の「管理」を選びます。
  3. 設定」タブをクリックしてから、「配送」をクリックします。
  4. 注意:本人受取を設定したい場合はこのセクションで行えます。本人受取の右の「追加」をクリックします。ポップアップウィンドウの必要な欄に入力して、「保存」をクリックします。

  5. 配送の追加」をクリックします。
  6. 基本の配送方法または配送会社見積り配送方法を選択することができます。選択する方法に応じて以下の手順に従います

基本の配送方法

  1. 基本の配送方法」の横にある「追加」をクリックします。
    • 送料無料:送料無料が適用される最小注文数を設定できます。説明にある平均配送時間に注意してください。
    • 注文ごとの定額料金:顧客が合計配送料を正確に把握できるように、顧客に事前に見積もった料金を請求することができます。説明にある平均配送時間に注意してください。
    • 重量ベース:出荷する商品の重量に基づいて顧客に送料を請求します。説明にある平均配送時間に注意してください。
  2. 変更は自動的に保存されるため、準備ができたら、「サイトを公開」をクリックして変更を有効にします。

配送会社見積り配送方法

  1. 配送会社見積り配送方法」の横にある「追加」をクリックします。どちらも国内外の配送に使用できます。配送方法の決定は多くの場合、個人的な好みの問題であるか、既存のアカウントがある、近くに配送場所があるといった便宜上の問題です。USPSとUPSは、米国の業者のみが使用できます。
    • 米国郵政公社(USPS):顧客に提供するUSPS配送方法を選択します。さらに詳しい情報が必要な場合は、詳細リンクをクリックしてください。これにより、方法の説明が記載されたUSPSのランディングページが表示されます。
    • United Parcel Service(UPS):この方法を使用するには、UPSアクセスキー必要です。UPSアカウントにサインアップすると、アクセスキーを取得できます。アクセスキーを追加したら、「サポートとサービス」フィールドに必要事項を入力し、「配送ボックス」フィールドで商品の梱包方法を指定します。

    注意:上記のどの配送方法でも、「すべての国/地域」の横にある「編集」をクリックすれば、その配送方法が利用できる国を選べます。(アメリカ合衆国を選択した場合は、どの州を含むかも選べます。)
    「すべての国/地域」の横の「編集」をクリックします。

  2. 変更は自動的に保存されるため、準備ができたら、「サイトを公開」をクリックして変更を有効にします。

詳細


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。