メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

ワークスペースメール ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

Webベースのメールで個人設定を構成する

Webベースのメールでは、個人設定をカスタマイズできます。

Webベースのメールで個人設定を行うには

  1. Webベースのメールにログインします。
  2. [設定]メニューの[個人設定]をクリックします。
  3. 次のいずれかのタブに移動し、必要な変更を加えて、「 OK 」をクリックします。

セキュリティ

このオプションを使用して、Webベースメールのパスワードを変更し、非アクティブタイムアウトを管理します。

Webベースのメールでセキュリティ設定を更新するには

  1. 「セキュリティ」タブをクリックします。
  2. 現在のパスワード」フィールドに現在のパスワードを入力します。
  3. 新規パスワード」フィールドと「新規パスワードの確認」フィールドに、新規パスワードを入力します。新しいパスワードの長さは5〜32文字にする必要があります。

  4. 「非アクティブタイムアウト」リストから、システムが自動的にアカウントからログアウトするまでの、システム上でアイドル状態を維持できる時間を指定します。
  5. OK」をクリックします。

現在のパスワードがわからない場合は、ワークスペースコントロールセンターからパスワードを変更できます。詳細については、ユーザーのWorkspace Emailパスワードをリセットする

署名

メールメッセージで使用する署名を作成できます。署名を作成するときに、署名をメッセージに自動的に追加するか、作成中に手動でメッセージに追加するかを指定できます。

メールメッセージを送信するときに使用するレターヘッドを作成することもできます。レターヘッドに画像を読み込んで、ヘッダーやフッターの作成、ロゴの追加、背景の追加などを行います。レターヘッドを作成するときに、メッセージの送信時にレターヘッドを自動的に読み込むかどうかを指定できます。また、上部および/または下部の画像の幅を超えないメッセージテキストの幅。

Webベースのメールで署名を作成するには

  1. 「署名」タブをクリックします。
  2. メッセージに署名を自動的に挿入するには、[作成ウィンドウに署名を自動的に挿入]を選択します。
  3. 署名」フィールドに、メッセージに表示する署名テキストを入力します。

    注意: 「署名」フィールドはHTMLをサポートしていません。プレーンテキストのみを入力できます。

  4. OK」をクリックします。

注:署名テキストのフォントや色を変更するには、メールメッセージを作成するときに、作成ウィンドウで変更するテキストを選択し、本文セクションの上部にある書式設定バーを使用してテキストを適用します。メールメッセージの他のテキストと同じように変更されます。

自動返信

休暇や外出先で数日ですか?メールを送信したすべての人に自動返信を設定することで、顧客、連絡先、同僚に常に情報を提供できます。

Webベースのメール自動レスポンダー機能は、あなたが不在であることを知らせたり、相手のメールにいつ返信できるようになるかを指定したりするための効率的な方法です。さらに、自動返信機能を使用すると、指定した期間内に各アドレスに1つの応答のみを送信できます。

Webベースのメールで自動返信を使用するには

  1. 「自動返信」タブをクリックし、 「自動返信を有効にする」を選択して、次の操作を行います。
    • [返信元] — [デフォルト]または[カスタム]を選択し、表示するメールアドレスをフィールドに入力します。
    • 返信の件名—デフォルトまたはカスタムを選択し、自動返信メッセージの件名を入力します。
    • 開始時間「今すぐ開始」または「開始日」を選択し、空いている時間を選択します。
    • 終了時刻「終了時刻なし」または「終了時刻」を選択し、戻る時刻を選択します。
    • 周波数を返信-あなたが受け取るすべての電子メールへの自動応答を送信する電子メールメッセージごとに一度選択するかにかかわらず、彼らはあなたを送ってどのように多くの電子メールの、各電子メールアドレスに一つだけの自動応答を送信する電子メールアドレスごとに一度選択します。
  2. OK」をクリックします。

アイデンティティ

Webベースメールでは、IDを使用してメールアドレス以外の「差出人」アドレスを使用してメールを送信できます。

WebベースのメールにIDを追加するには

  1. 「ID」タブをクリックします。
  2. 「アイデンティティの追加」ボタンをクリックします。
  3. 画面上のフィールドに入力して、「 OK」をクリックします。
    • 名前—メール受信者に表示する名前を入力します。
    • メール—メール受信者に表示するメールアドレスを入力します。
    • 返信先—メール受信者に返信を送信するメールアドレスを入力します。
    • 「デフォルト」 -選択すると、このアイデンティティがデフォルトになります。

IDからメールを送信するには、メッセージを作成し、 「送信者」メニューからIDを選択して、「送信」をクリックします。

IDを削除または編集するには、「アクション」列で「削除」または「編集」をクリックします。

リモートメール

リモートPOP3またはGmailアカウントからWebベースメールアカウントにメールメッセージをダウンロードできます。これを行うには、設定メニューからリモートメールアカウントを追加する必要があります。

Webベースのメールにリモートメールアカウントを追加するには

  1. 「リモートメール」タブをクリックします。
  2. 「新規追加」をクリックします。
  3. 「タイプ」リストから、アクセスするメールアカウントのタイプを選択します。
  4. サーバー」フィールドに、メールサーバーの名前を入力します。 Gmailアカウントにアクセスしている場合は、このフィールドに何も入力する必要はありません。
  5. ユーザー名」フィールドに、アクセスするメールアカウントのユーザー名を入力します。
  6. パスワード」フィールドに、アクセスするメールアカウントのパスワードを入力します。
  7. 配信フォルダ」リストから、アクセスするアカウントのメールメッセージの保存に使用するフォルダを選択します。
  8. 迷惑メールをフィルタリングしてメッセージフィルタリングルールを適用するには、「迷惑メールをフィルタして配信ルールを適用」を選択します。
  9. 自動的にメッセージ用の電子メールアカウントをチェックするには、自動的にチェック]を選択します。
  10. メッセージのコピーをサーバーに残すには、「サーバーにコピーを残す」を選択します。
  11. OK」をクリックします。