GoDaddyメールマーケティング ヘルプ

最初のメールキャンペーンの作成

最初のメールマーケティングキャンペーンを作成することから始めます。

注意:この記事では、GoDaddy Email Marketingで利用可能なツールを使用したテキストとイメージからなるキャンペーンの作成を取り上げます。標準テキストメールキャンペーンを作成することも、カスタムHTMLを使用して1からキャンペーンを作成することもできます。

  1. GoDaddy Email Marketingアカウントにログインします。(ログインでお困りですか?
  2. 右パネルで「作成!」ボタンをクリックします。
    「作成」のクリック

    次のような空白のキャンペーンが表示されます。

    空白のキャンペーン
  3. キャンペーンの名前を入力します。
    キャンペーンの名前の入力
  4. バナーイメージをアップロードするには、「イメージ」タブでプラス記号をクリックします。

    バナーイメージは、メールキャンペーンの上部に表示されるグラフィック(幅590ピクセル)であり、これで読者の第一印象が決まります。詳細については、「バナーイメージの追加」を参照してください。

    プラス記号のクリック
  5. イメージ」タブにアップロードするイメージを参照して、「開く」をクリックします。
  6. イメージ」タブでイメージをクリックして、バナープレースホルダにドラッグします。
    ハンドルのクリックアンドドラッグ
  7. 自動的に表示される「バナーリンク」ダイアログボックスで、バナーイメージがクリックされたときに移動するURLを入力してから、「保存」をクリックします。
    リンクアドレスを入力して、「保存」をクリックします。
  8. これはメインの見出しです」をクリックして、見出しを入力し、「OK」をクリックします。
    見出しの入力と「OK」のクリック
  9. メールキャンペーンレイアウトを構築するには、キャンペーンの下部にあるモジュールボタンを使用します。
    モジュールボタン 名前 説明
    イメージおよびテキストコンポーザモジュールボタン イメージ & テキスト 左側にイメージホルダ、右側にテキストブロックが表示される混合モジュール。
    テキストおよびイメージコンポーザモジュールボタン テキスト & イメージ 左側にテキストブロック、右側にイメージホルダが表示される混合モジュール。
    テキストコンポーザモジュールボタン テキスト 全幅のテキストブロック。テキストを書式設定したり、テキストスタイルを変更したりできます。
    イメージコンポーザモジュールボタン イメージ 全幅のイメージホルダ。1行に複数のイメージを追加したり、そのサイズを変更したりできます。
    セクションタイトルコンポーザモジュールボタン セクションタイトル 一番上のH1スタイルのテキストのみが表示される特殊なテキストブロック。スタイルエディタ内の他のテキストタイプに関係なく、セクションタイトルテキストのスタイルを変更できます。
    ボタンコンポーザモジュールボタン ボタン 表示テキストとURLへのリンクを定義可能なCall-To-Actionボタン。スタイルエディタでボタンのスタイルを変更できます。ボタンモジュールの詳細
    ディバイダコンポーザモジュールボタン ディバイダ キャンペーンのいくつかの部分を視覚的に分離するための横線。
  10. テキストプレースホルダに、テキストを入力します。
  11. イメージを「イメージ」タブにアップロードし、イメージをクリックしてイメージプレースホルダにドラッグし(バナーイメージに対して行ったのと同じ操作)、「OK」をクリックします。
    テキストの追加とプレースホルダへのイメージのドラッグ
  12. キャンペーンの色や書式設定を変更するには、右ペインの「イメージ」タブの横にある「スタイル」タブをクリックして、スタイルを選択します。
    「スタイル」タブをクリックします。
  13. キャンペーンをプレビューするには、「プレビュー」ボタンをクリックします。
    「プレビュー」ボタンのクリック

    この時点で、キャンペーンは次のように表示されます。
    メールマーケティングキャンペーン
    セクションタイトル、イメージテキスト、およびボタンのプレースホルダを含む新しいモジュールを追加することができます。ステップ9、10、および11を繰り返すだけです。

  14. キャンペーンの右上ペイン(「続行」の横)で、「保存」ボタンをクリックします。
    「保存」のクリック

次のステップ

詳細


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。