メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

ワークスペースメール ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

メールアドレス設定の編集

システムでメールアドレスを設定したら、ワークスペースコントロールセンターで設定を編集できます。一度に変更できるメールアドレスは1つだけです。

  1. ワークスペースコントロールセンターにサインインします。 GoDaddyのユーザー名とパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします(ここではワークスペースメールアドレスとパスワードは使用できません)。
  2. [メールを表示]をクリックします。
  3. [ツール]メニューから[すべてのメールプランを表示]を選択します。
  4. 管理するアドレスを含むメールプランを展開します。
  5. 編集するメールアドレスをクリックします。
  6. (オプション)「設定」タブでは、メールアカウントのパスワードを変更したり、アドレスにストレージスペースを割り当てたり、アドレスを包括的にしたりできます。以下を選択または入力します。
    • パスワードの変更—このアドレスのパスワードを入力します。
    • パスワードの確認—パスワードを再入力します。
    • このメールボックスの容量—このアドレスに割り当てるストレージ容量を入力します。
    • (オプション)このメールボックスをキャッチオールにする—このメールで、ドメインの誤ったメールアドレス宛てのすべてのメッセージを受信する場合に選択します。
      たとえば、coolexample.comに3つのメールアドレスが設定されているとします。 info @ coolexample.com、sales @ coolexample.com、webmaster @ coolexample.comでは、info @ coolexample.comをキャッチオールメールアカウントとして設定できます。その後、manager @ coolexample.com(またはその他の無効なメールアドレス)に送信されたメールメッセージは、キャッチオールアカウント(info@coolexample.com)に送信されます。
  7. (オプション)「関連製品」タブで、このメールアドレスを他の製品に関連付けることができます。以下を選択または入力します。
    • カレンダー—選択して、このメールアドレスをCalendarアカウント用に設定します。使用するアカウントを指定し、ユーザー名とパスワードを入力します。詳細については、
    • Online Storage — Online Storageアカウントにこのメールアドレスを設定する場合に選択します。使用するアカウントを指定し、ユーザー名とパスワードを入力します。
  8. (オプション)「詳細」タブで、このメールアドレスの詳細設定を行うことができます。以下を入力または選択します。
    • 送信先CC —このアドレスが受信する各メールメッセージのコピーを送信するメールアドレスを入力します。複数のアドレスはコンマで区切ります。
    • [1日あたりのSMTPリレー] —このアドレスから送信できる1日あたりの最大メッセージ数を選択します。
  9. (オプション)「自動返信」タブでは、このアドレスに送信された各メールメッセージに自動返信を送信できます。以下を選択または入力します。
    • 自動応答を使用—自動メッセージを有効にする場合に選択します。
    • メッセージ—送信するメッセージを入力します。
    • 送信者名-自動返信の送信元のメールアドレスを選択するか、「カスタム名」を選択して、返信の送信元となる別のメールアドレスを入力します。
    • 件名—元の件名を選択するか、カスタム件名を選択して件名を入力します。
    • 開始時間「今すぐ開始」を選択するか、「開始日」を選択して開始日を選択します。
    • 終了時刻「終了時刻なし」を選択するか、「終了日」を選択して終了日を選択します。
    • 返信頻度—自動返信メッセージの返信頻度を選択します。
  10. 「OK」をクリックして変更を確認します。変更が反映されるまで最大15分かかります。

詳細