ヘルプ

SSL証明書 ヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

プレミアムExtended Validation(EV)証明書とデラックスSSL証明書の違いは何ですか?

Premium Extended Validation(EV)とDeluxe SSL証明書の主な違いは、証明機関(CA)が要求者に署名付き証明書を発行するために完了する必要がある審査プロセスです。さらに、Premium Extended Validation(EV)証明書で保護されたWebサイトは、最新のブラウザでは別の方法で表示され、アドレスバーの一部が緑色で強調表示されます。

デラックス拡張審査プロセスよりも包括的なプレミアム拡張検証(EV)審査プロセスは、要求者のドメイン管理を検証し、要求するエンティティの法的存在と身元を検証します。このプロセスでは、証明書要求組織に関する次の情報が認証されます。

  • 法的存在:認証局(CA)は、申請元の法人設立管轄内にある設立機関に、プレミアム拡張認証(EV)証明書が発行された日現在、プレミアム拡張認証(EV)に指定されている組織について確認する必要があります。証明書は法人設立管轄内の有効な組織または団体として法的に存在します。
  • 身元: CAは、プレミアム拡張有効化(EV)証明書の発行日現在、プレミアム拡張有効化(EV)証明書に記載されている事業体の正式名が、法人設立の政府公式記録に記載されている名前と一致していることを確認する必要があります。要求主体の法人設立管轄における代理人。 (仮名も含まれる場合、その仮名は要求元の事業体の管轄区域において適切に登録されているものとします。)
  • 登録番号: CAは、要求元の事業体の申請者の設立管轄において、設立機関が申請者に割り当てた固有の固有の登録番号を取得する必要があります。
  • 登録代理人: CAは、要求元の法人設立管轄内にある要求元エンティティの登録代理人または登録事務所(該当する場合)のIDとアドレスを取得する必要があります。
  • ドメイン名の使用権: CAは、プレミアム拡張検証(EV)証明書の発行日現在、プレミアム拡張検証(EV)証明書に記載されている事業体が独占的所有または所有していることを確認するために合理的に必要なすべての手順を踏む必要があります。 Premium Extended Validation(EV)SSL証明書に記載されているドメイン名を使用する権利。
  • プレミアム拡張検証(EV)SSL証明書の承認: CAは、プレミアムSSL証明書で指定されたエンティティがプレミアム拡張検証(EV)SSL証明書の発行を承認したことを検証するために必要なすべての手順を踏む必要があります。

この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。