ヘルプ

SSL証明書 ヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

コード署名 Microsoft Office 関連マクロ、ビジュアル ベーシック アプリケーション

コード署名証明書は、Word®、Excel®、PowerPoint® など、いくつかの Microsoft® Office アプリケーションによって生成されたコンテンツの署名を使用できます。

開始する前に、コード署名証明書と秘密キーは、Windows の証明書ストアを確認します。インストール手順については、 windows のコード署名証明書のインストールを参照してください。

コード署名するには、文書します。

  1. サインインしファイルを開いてください。
  2. ツールメニューをクリックして、マクロを強調]をクリックします。
  3. プロジェクト Explorer ウィンドウで署名する VBA マクロ プロジェクトを選択します。
  4. ツールメニューからデジタル署名を選択します。
  5. 選択をクリックし、コード署名証明書します。
  6. [Ok]をクリックしてください。

注意:デフォルトでは、Windows® XP および Windows 7 はタイムスタンプを追加、証明書。

Applicaions (VBA) コードの証明書が失効した後、署名付き Visual Basic® の使用を継続できるようにしたい場合は、次のキーを使用して署名の時点でタイムスタンプを追加するコード署名コンピュータ上のレジストリを変更します。

  • キーを作成: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\VBA\Security
  • 文字列を作成: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\VBA\Security\TimeStampURL
  • DWORD を作成: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\VBA\Security\TimeStampRetryCount
  • DWORD を作成: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\VBA\Security\TimeStampRetryDelay
  • これらの値を新しいフィールドを設定します。
    TimeStampURL = http://tsa.starfieldtech.com
    TimeStampRetryCount = 3
    TimeStampRetryDelay = 2


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。