メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

ワークスペースメール ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

MXレコード設定アシスタント

ワークスペースアカウントにMXレコードエラーが表示されたら、MXレコード設定アシスタントを使用してMXレコード設定を修正してください。

  1. [アカウントアラート]列で、エラーが発生したメールアドレスの横にある[詳細]をクリックします。
  2. どうしますか」でセクションで、次のいずれかを選択します。
    オプション 説明
    メール設定はそのままにして、ワークスペースメールを削除する これにより、ワークスペースからメールアドレスが削除され、MXレコード設定はそのままになります。サードパーティのメールプロバイダを使用している場合に選択します。
    ワークスペースメールを使用するようにMXレコードを再設定する このオプションを選択すると、ワークスペースメールで使用できるように、このメールアドレスのMXレコードが自動的に更新されます。ワークスペースをメールプロバイダーとして使用する場合に選択します。このメールアドレスが現在別のプロバイダーで動作するように設定されており、このオプションを選択すると、そのアドレスでは機能しなくなります。
    ワークスペースメールを使用するようにMXレコードを再設定する手順を確認する これにより、MXレコードを手動で更新する手順が表示されます。
  3. 保存」をクリックします。
  4. 確認メッセージが表示されたら、 「続行」をクリックします。

    注:変更が完了するまでに最大48時間かかることがあります。

メールアドレスの削除を選択した場合は、「アカウントアラート」列に「削除保留中のメールアカウント」と表示されます。プロセスが完了すると、アドレスがアカウントから削除されます。現在のサードパーティのメールアカウントを引き続き使用できます。

MXレコードの再設定を選択した場合、MXレコード設定が自動的に更新されます。プロセスが完了すると、ワークスペースメールが機能し始めます。

次の手順

詳細