ヘルプ

GoDaddyヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

POP3でGmailアカウントのリモートアクセスを設定する

ワークスペースメールアカウントから(POP3上の)Gmailへのリモートアクセスを設定します。リモートアカウントを追加する場合、メールメッセージの移動先のフォルダを指定し、新規メールがないかサーバーを自動的にチェックし、スパムおよびメッセージ配信ルールをアカウントに適用し、メッセージのコピーをサーバーに保存できます。

ステップ1:GmailでPOP3を設定する

Workspace Emailにリモートアクセスを追加する前に、GmailでPOP3を設定する必要があります。

  1. Gmailアカウントにサインインします
  2. 右上隅で、設定ギアボタン設定>すべての設定を見る
  3. 「転送とPOP / IMAP」タブを選択します。
  4. 「POPダウンロード」の横で、「すべてのメールに対してPOPを有効にする」または今後受信するメールに対して「POPを有効にする」を選択します。
  5. 変更を保存」を選択します。

手順2:Workspace Emailでリモートアクセスを設定する

以下の手順を実行するには、クラシック表示にする必要があります。

  1. Webメールにサインインしましょう。Workspace Emailアドレスとパスワードをご利用ください(GoDaddyアドレスとパスワードはここでは使えません)。
  2. クラシック表示で、[設定] >を選択します。個人設定
    「設定」をクリックし、「個人設定」をクリックします。
  3. 「リモートメール」タブを選択します。
  4. [新規追加]を選択します。
  5. [種類]で、リストから[ Gmail]を選択します。
  6. Gmailのユーザー名パスワードを入力します。
  7. [配信フォルダ]で、リストから[受信トレイ] (または使用するフォルダ)を選択します。
  8. スパムをフィルタして配信ルールを適用」チェックボックスを選択して、スパムを任意のフォルダに移動します。メールボックスに設定したメッセージ配信ルールが適用されます。
  9. 「自動チェック」チェックボックスを選択すると、Workspace Emailは30分ごとに自動的にサーバーに新しいメッセージがないかチェックします。
  10. ダウンロードしたメールのコピーをサーバーに保存するには、「サーバーにコピーを保存」チェックボックスをオンにします。 POP3を使用する場合、ダウンロードしたメールのコピーは自動的にサーバーに保存されないため、この方法をお勧めします。
    リモートメールアカウントを設定する
  11. [OK]を選択します。

その他の情報


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。