ヘルプ

GoDaddyメールマーケティング ヘルプ

ウェルカムメールのセットアップ

以下の手順に従って、オートレスポンダー機能を使用して完全に自動化されたウェルカムメール(サインアップフォーム経由で登録した人物に送信されるもの)を作成します。わくわくしますね!

初めに、GoDaddy Email Marketingアカウントにログインします。(ログインでお困りですか?)、その後で以下を実行します。

ステップ1.ウェルカムメールリストを作成します。

これは、「メール読者」領域で行います。「メール読者」タブをクリックしてから、「リストを追加」ボタンをクリックします。

リストには好きな名前を付けることができますが、すぐに思い出せるものにしてください。このデモでは「ウェルカムメールリスト」という名前を付けます。チェックマークボタンをクリックして、リストを保存します。


ステップ2.サインアップフォームを作成します。

ここでは、後で使用するサインアップフォームをセットアップする必要があります。既にセットアップしてある場合は、それを使用します。ページの上部にある「サインアップフォーム」をクリックしてから、操作する特定のサインアップフォームの下で「編集」をクリックするだけです。

右側の「リストを追加」ドロップダウンをクリックして、 新しいウェルカムメールリストを選択します。GoDaddy Email Marketingはこの変更を自動的に保存するため、リストが正しくページ上に追加されたことを確認できます。

プロのヒント:ここでは、このドロップダウンの下部にある「新しいリスト」フィールドを使用して、メール読者の新しいリストを作成できます。

このサインアップフォームを公開すれば、利用者がメーリングへの登録に使用できます!Webサイト上でフォームを公開することも、フォームのURLを共有することも、Facebookビジネスページに接続することもできます。

ステップ3.ウェルカムメールキャンペーンを作成します。

ここでは、新しいメール読者に配信する実際のウェルカムメールオートレスポンダーを作成する必要があります。

まだアクティブになっていない場合は、オートレスポンダーアドオン機能をアクティブにして、「設定する」をクリックします。既にアクティブになっている場合は、ページの上部か、「アドオン」メニューの下にある「オートレスポンダー」をクリックします。

新規オートレスポンダー」ボタンをクリックして、そのページで入力を求められている詳細を指定します。このケースでは、「ウェルカムメール」という名前を付けます。

以前のステップでサインアップフォームに接続した新しいリストを必ず選択してください。

「Send the first mailing immediately after a user signs up(ユーザーのサインアップ直後に最初のメーリングを送信する)」チェックボックスをクリックすることもできます。こうすると、GoDaddy Email Marketingは常に、ユーザーがサインアップフォームを介してサインアップした直後にウェルカムメールを送信します。

では、キャンペーンを作成してから、そのウェルカムメールを設計しましょう。(ヒント:通常のGoDaddy Email Marketingキャンペーンを作成するのとまったく同じです)。すべてが完了したら、次のステップの準備が整います。

ステップ4.オートレスポンダーの開始

これは最も興奮するステップです!これで、サインアップフォームのセットアップ、新しいリストへの接続、およびオートレスポンダーの接続、設計、準備が完了しました。あとは開始ボタンを押すだけです!「Start Campaign(キャンペーンの開始)」ボタンが画面の右上に表示されるか、「Run campaign(キャンペーンの実行)」ボタンがオートレスポンダーのランディングページのキャンペーンプレビューの下に表示されます。

GoDaddy Email Marketingが自動的にウェルカムメールを送信するためには、オートレスポンダーを開始する必要があります。最後のステップに進みましょう。

ステップ5.自動化のマジックをご覧ください!

何もしないでくつろぎながら新しいサインアップが集まるのを見ていてください。フォームを介して誰かがサインアップするとすぐに、自動的にウェルカムメールキャンペーンがその人に送信されます。何もする必要はありません。

どうぞお楽しみください!


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。