メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

ワークスペースメール ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

スパムフィルタ設定を使用する

ジャンクメールは一味もふさわしくないかもしれませんが、受信トレイを使い果たしてしまうのはおかしくありません。ワークスペースWebメールのスパム管理機能を使用して、迷惑メールが受信トレイに詰まるのを防ぐことができます。

スパムフィルターの設定

迷惑メールの受信方法の管理と設定は簡単です。

スパムフィルタを設定するには

  1. ワークスペースWebメールにログインします。
  2. [設定]メニューから[迷惑メール設定]を選択します。
  3. 「スパムフィルタ」セクションから、次のいずれかを選択します。
    • フィルタリングをオフにする—スパムの疑いがある場合、アクションは適用されません。受信トレイに配信されます。
    • バルクメールに移動—(推奨)スパムの疑いがある場合は、バルクメールフォルダに配信されます。いつでも確認できます。
    • [SPAM]で件名をマーク—スパムの疑いがある場合は、件名に[SPAM]を付けて受信トレイに配信します。
    • 制限付きモード—送信者が許可リストに載っていない限り、すべてのメールがバルクメールフォルダに配信されます。
  4. メッセージにスパムのマークを付けたとき」セクションで、次のいずれかの操作を選択します。
    • 何を行うには掲載していません-あなたが迷惑メールとしてメッセージをマークすると、ワークスペースのWebメールは、すべてのバルクメールフォルダに配置する送信者のニーズからのメッセージ、または選択したメッセージあればお願いします。
    • そのフォルダ内のその送信者からのすべてのメッセージをマークする—その送信者から選択したすべてのメッセージはスパムとしてマークされ、バルクメールフォルダに移動されます。
    • 選択したメッセージのみをマーク—選択したメッセージのみがバルクメールフォルダに移動します。
  5. OK」をクリックします。

メールをスパムとしてマーク

メールを迷惑メールとしてマークすると、ワークスペースWebメールは、迷惑メールフィルターの設定時に選択したアクションを適用します。

メールをスパムとしてマークするには

  1. ワークスペースWebメールにログインします。
  2. メールを開くか選択します。
  3. [その他の操作]メニューから[これは迷惑メールです]を選択します。
  4. 「適用」をクリックします。

メールをスパムではないとマークするには

メールをスパムではないとマークすると、そのアドレスが自動的に許可リストに追加され、その送信者からの今後のメールは通常のメールとして処理されます。

  1. ワークスペースWebメールにログインします。
  2. バルクメールフォルダから、メールを開くか選択します。
  3. [その他の操作]メニューから[これは迷惑メールではない]を選択します。
  4. 「適用」をクリックします。

バルクメールでの自動パージの設定

メールアドレス(example@coolexample.com)またはドメイン名(coolexample.com)を自動的に削除すると、それらのメールアドレスまたはドメインからすべてのメールがすぐに削除されるため、表示されることはありません。

自動パージを設定するには

  1. ワークスペースWebメールにログインします。
  2. 「バルクメール」フォルダから、削除するメールを選択します。
  3. 自動パージアイコンをクリックします。
  4. メールを送信者別に削除するか、ドメイン別に削除するかを選択し、「 OK」をクリックします。

    警告:自動パージされた送信者からのメールは配信されないため、復元することはできません。

許可する送信者とブロックする送信者の設定

メールアドレス(example@coolexample.com)やドメイン名(coolexample.com)をブロックすると、それらのメールアドレスやドメインからのメールはスパムとして扱われ、スパム設定に基づいてフィルタリングされます。

メールアドレスまたはドメイン名を許可しても、それらからのメールがスパムとしてマークされることはありません。迷惑メールフィルタの設定時に制限付きモードを選択した場合、送信者がメールを受信トレイに配信するには、許可リストに登録されている必要があります。

許可する送信者とブロックする送信者を設定するには

  1. ワークスペースWebメールにログインします。
  2. [設定]メニューから[メッセージフィルタ]を選択します。
  3. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • カスタムフィルタ—メッセージフィルタリングを使用すると、設定した適切なフォルダに特定のメッセージを送信できます。
    • 許可リスト—メールアドレス(example@coolexample.com)またはドメイン名(coolexample.com)を許可しても、それらからのメールがスパムとしてマークされることはありません。
    • ブロックリスト-メールアドレス(example@coolexample.com)またはドメイン名(coolexample.com)をブロックすると、それらのメールアドレスまたはドメインからのメールはスパムとして処理され、スパム設定に基づいてフィルタリングされます。
    • 自動削除リスト—メールアドレス(example@coolexample.com)またはドメイン名(coolexample.com)を削除すると、それらのメールアドレスまたはドメインからすべてのメールがすぐに削除されるため、表示されることはありません。
  4. 「新規追加」をクリックし、完了したら「 OK」をクリックします。

「許可」、「ブロック」、または「自動パージ」リストのタブからメールアドレスまたはドメインを削除するには、該当するドメインを選択して「削除」をクリックします。

メッセージフィルターとは何ですか?

ワークスペースWebメールのメッセージフィルタを使用すると、受信メッセージをチェックし、条件に基づいて指定したフォルダにメッセージを並べ替えるルールを設定できます。