ヘルプ

GoDaddyヘルプ

Webサイトをクリーンに保つ

先回りして再感染のリスクを軽減するための手順を実行することは重要です。リスクが全くないと保証できる人はいませんが、Webサイトを保護するためにできることはたくさんあります。

Webアプリケーションファイアウォール(WAF)

攻撃を受けているソフトウェア脆弱性の数は増え続けています。Webサイトの所有者がこれらに対処していくのは非常に困難です。Webアプリケーションファイアウォール(WAF)はこうしたときに役立ちます。攻撃が始まる前からそれを阻止し、サイトを保護します。Webアプリケーションファイアウォール(WAF)を有効化してからでなければ、サイトの保護は開始されないことに注意してください。弊社でDNSがホストされている場合、必要な変更は弊社が行います。それ以外の場合は、サイトのDNSの設定を変更して有効化する必要があります。

Webサイトの更新

WordPress、Joomla、または他のWebサイトプラットフォームを使用しているものの、最新の安定したバージョンではない場合、Webサイトを更新してください。なぜそうする必要がありますか?古いソフトウェアは感染の原因となるからです。これには、CMSのバージョン、プラグイン、テーマ、他の拡張子タイプが含まれます。

パスワードの変更

強力な良いパスワードを選択します。良いパスワードは、複雑で、長く、ユニークであるという3つのコアコンポーネントで構成されます。お客様のWebサイトには、FTP、SFTP、SSH、cPanelなどのさまざまなアクセスポイントがあります。攻撃者はこれを把握しており、複数のエントリポイントを悪用します。少なくとも、すべての管理者アカウントのパスワードは必ず更新するようにしてください。多くの場合、ユーザーは必要以上の管理者を作成し、1つだけ更新しますが、残りを更新することを忘れてしまいます。クリーンアップを行う絶好のタイミングです。不正アクセスされてからでは遅すぎます。

データベースパスワードの変更

CMS(WordPress、Joomlaなど)を使用している場合は、データベースパスワードを変更します。必ずJoomla: configuration.phpおよびWordPress: wp-config.phpの設定ファイルを更新してください。これは自動プロセスではないため、手動でそれらのファイルを開いて編集する方法を理解している必要があります。データベースや設定ファイルでの変更に慣れておらず、WebサイトがGoDaddyでホストされている場合は、お客様サポートにお問い合わせください

*(上記で指定した)パスワードの変更方法が分からず、WebサイトがGoDaddyでホストされていない場合は、ホストに連絡してパスワードを更新してください。

個人用のコンピューターでウイルススキャンを実行する

多くの場合、Webサイトはローカル環境(ノートブック、デスクトップなど)によって侵害されます。そのため、アンチウイルス製品を実行することを強くお勧めしています。結論として、サイトを何度きれいにしても、コンピューターがクリーンでなければ、サイトは容易に再感染してしまいます。

サイトのバックアップを開始する

サイトがクリーンで安全なことが確認できたら、定期的にバックアップすることをお勧めします。使用可能なバックアップソリューションは数多く存在します。WebサイトをGoDaddyでホストしている場合は、サイトバックアップにサインアップできます。サイトバックアップはホスティングアカウントに自動統合され、セットアップは非常に簡単です。

キッチンをクリーンにする

以前にインストールしたコンテンツ管理システム、テーマ、またはプラグインでいっぱいの「キッチンシンク」サーバーになっているお客様が多く見受けられます。時の経過とともにこれら過去のインストールは忘れられ、その間にマルウェアが増幅し、クリーンを行うたびにサーバー全体にはびこります。時間を取って、テスト、ステージング、プロダクションサーバーに属するそうしたコンテンツを分離しましょう。

詳細


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。