ヘルプ

GoDaddyヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

Webアプリケーションファイウォール(WAF)およびCDNのセットアップ

Webサイトセキュリティのデラックスプランまたはアルティメットプランを購入した場合、またはエクスプレスマルウェア削除プランを購入した場合は、Webアプリケーションファイウォール(WAF)およびコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を有効化するためいくつかの手順を踏む必要があります。コンテンツ配信ネットワーク(CDN)は、WAFが有効化されると自動的に機能し始めます。

注意:ドメインとWebサイトセキュリティプランが同じGoDaddyアカウントに存在する場合は、数分で完了します。セットアップが完了したら、WAFに関連付けられているWebサイトのDNSレコードは編集できなくなります。それらのレコードを編集する必要がある場合は、お客様サポートにお問い合わせください

  1. GoDaddy商品ページに進みます。
  2. 「Webサイトのセキュリティとバックアップ」の隣にある「すべて管理」を選択します。
  3. WAFとCDNをセットアップするドメインで、「ファイアウォール」の下の「セットアップ」を選択します。セットアップ
  4. ドメインとWebサイトセキュリティプランが同じGoDaddyアカウントにある場合、セットアップは数分で完了します。 DNSが別のアカウントでホストされている場合は、追加の手順を実行する必要があります。

注意:現時点では、ホームIPアドレスをホワイトリストに登録する必要があります(そうでない場合は、Webサイトの管理ページにログインできない場合があります)。これを行うには、上から「アクセス制御」メニュー項目をクリックし、表示されるボックスにIPアドレスを入力します。次に、ボックスの右側にある「ホワイトリスト」をクリックします。

他の場所でホストされているDNSのための追加手順

  1. 「内部ドメイン」の下にあるリンクを使用して、サイトが正しく読み込まれることを確認します。
    内部ドメイン
  2. DNSがホストされているアカウントにログインし、Aレコードを設定して、弊社のWebサイトファイアウォールをポイントするようにします。ファイアウォールIPアドレスに記載されているIPアドレスを使ってください。
  3. Aレコードが更新されたら、Webサイトセキュリティダッシュボードが更新され、サービスが有効化されたことが表示されます。これには、完了までに最大24時間かかる場合があります。
  4. ホスティングサーバーにファイアウォールがある場合は(CSFやModSecurityなど)、弊社のIPアドレス(下記参照)をホワイトリスト登録することをお勧めします。ホスティングサーバーへのすべての接続がファイアウォールを通過するので、弊社のIPアドレスをホワイトリスト登録することで間違ってブロックされることを防げます。
    • 192.88.134.0/23
    • 185.93.228.0/22
    • 2a02:fe80::/29
    • 66.248.200.0/22
    • 208.109.0.0/22

注意: Webサイトセキュリティデラックスまたはアルティメットアカウントを購入した場合、IPアドレスの変更が完了すると、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)が自動的に有効になります。

関連ステップ

詳細


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。