ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

Windows:コード/ドライバー署名証明書のインストールとPFXファイルの作成

コードまたはドライバー署名証明書リクエストを確認した後、証明書を発行します。次に、証明書をダウンロードして、Microsoft管理コンソール(MMC)にインストールし、 PFXファイルを作成します。次に、このPFXファイルを使用して、Microsoft SignTool(コード署名)またはVisual Studio(ドライバー署名)でコードに署名します。

警告:

PFXファイルを作成するには、CSRの生成に使用したのと同じマシンを使用する必要があります。

証明書をダウンロードする

  1. GoDaddy商品ページに進みます。
  2. SSL証明書からダウンロードしたい証明書の隣の管理を選択してください。
  3. 証明書のダウンロードから、サーバータイプを選択し、ZIPファイルのダウンロードを選択してください。
  4. ZIPファイルを開き、末尾がSHA2.spcのファイルをアクセス可能な場所に移動します。

    注意: Windows Vistaドライバの場合は、末尾がSHA1.spcのファイルを使用します。

    Windows 7ドライバーの場合、ユーザーがSHA-2で署名されたドライバーを使用するには、このパッチをインストールする必要があります。

MMCに証明書をインストールする

  1. Windowsの検索機能で「 mmc 」と入力し、それをクリックしてMicrosoft管理コンソールアプリケーションを起動します。
  2. 証明書(ローカルコンピュータ)」 、「個人」の順に展開します。
  3. [証明書]を右クリックし、次のメニューに移動します。[すべてのタスク] > [インポート]
  4. 次へ」をクリックします。
  5. SPCファイルを参照します—ファイルを見つけるには、ファイルタイプをPKCS#7 Certificates(* .spc、* .p7b)に変更する必要があります。
  6. 次へ」をクリックします。
  7. 「すべての証明書を次のストアに配置する」を選択し、値が「個人」であることを確認します。
  8. 終了」をクリックします。

PFXファイルを作成する

PFXファイル(SignToolまたはVisual Studioで使用)を作成するには、MMCで証明書ファイルと秘密キーを組み合わせる必要があります。

  1. MMCで証明書を右クリックし([発行者]列にコモンネームの値が表示されます)、[エクスポート]をクリックします。
  2. 次へ」をクリックします。
  3. [はい、秘密キーをエクスポートします]を選択します。
  4. [個人情報交換...]で、[可能な場合はすべての証明書を証明書パスに含める]を選択します。
  5. 証明書を保護するための強力なパスワードを入力して確認し、「次へ」をクリックします。
  6. 結合したファイルを保存する場所を参照し、「次へ」をクリックします。
  7. 終了」をクリックします。

これで、 PFXファイルがコンピューターのローカルに保存されます。

次の手順

次の手順は、使用する証明書の種類によって異なります。

証明書タイプ 次の手順に従ってください...
コードサイニング
ドライバー署名

この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。