ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

Windows:コード/ドライバー署名証明書をインストールしてPFXファイルを作成する

コードまたはドライバー署名証明書要求の確認、証明書を発行します。次に、証明書をダウンロードしてMicrosoft管理コンソール(MMC)にインストールし、 PFXファイル。次に、このPFXファイルを使用して、Microsoft SignTool(コード署名)またはVisual Studio(ドライバー署名)でコードに署名します。

警告:

PFXファイルを作成するには、CSRを作成するために使用したのと同じマシンを使用する必要があります。

証明書をダウンロードする

  1. GoDaddy商品ページに進みます。
  2. 選択するSSL証明書選択します管理>ダウンロードする証明書の場合。
  3. サーバータイプを選択して、次にZipファイルをダウンロードする選択します。
  4. ZIPファイルを開き、SHA2.spcで終わるファイルをアクセス可能な場所に移動します。

    注意: Windows Vistaドライバーの場合、末尾がSHA1.spc

    Windows 7ドライバーの場合、ユーザーはインストールする必要がありますこのパッチSHA-2で署名されたドライバーを使用します。

MMCに証明書をインストールします

  1. Windowsサーチ機能に次のように入力しますmmc 、次にクリックして、Microsoft管理コンソールアプリケーションを起動します。
  2. 拡大する証明書(ローカルコンピューター)個人
  3. 右クリック証明書、次に次のメニューに移動します。すべてのタスク>インポート
  4. 次へ」をクリックします。
  5. ブラウズのためにSPC file —それを見つけるには、ファイルタイプをに変更する必要がありますPKCS#7証明書(* .spc、*。p7b)
  6. 次へ」をクリックします。
  7. 選択する次のストアにすべての証明書を配置します値が個人
  8. 終了」をクリックします。

PFXファイルを作成します

PFXファイル(SignToolまたはVisual Studioで使用します)を作成するには、MMCで証明書ファイルと秘密鍵を組み合わせる必要があります。

  1. MMCで、証明書を右クリックします(共通名の値がに発行した列)、次にクリックします書き出す
  2. 次へ」をクリックします。
  3. 選択するはい、秘密鍵をエクスポートします
  4. 個人情報交換... 、 選択する可能であれば、すべての証明書を認証パスに含めます
  5. 証明書を保護するための強力なパスワードを入力して確認し、[
  6. ブラウズ結合されたファイルを保存する場所に移動し、をクリックします
  7. 終了」をクリックします。

PFXこれで、ファイルがコンピューターにローカルに保存されます。

次の手順

使用する次のステップは、使用している証明書のタイプによって異なります。

証明書タイプ これらの手順を使用してください...
コード署名
ドライバーの署名

この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。