メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

GoDaddyからのMicrosoft 365 ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

セキュリティのデフォルトを有効または無効にする

セキュリティデフォルトは、事前設定されたセキュリティ設定により、アイデンティティ関連の攻撃からユーザーを保護するのに役立ちます。つまり、すべてのメールユーザーはMicrosoft Authenticatorアプリを使用して多要素認証(MFA)に登録するよう求められます。セキュリティのデフォルトを使用することをお勧めしますが、ビジネスのニーズに合わせてこれらの設定を有効または無効にできます。

セキュリティのデフォルトが有効になっている場合、組織のメールは、最新の認証をサポートし、IMAP、SMTP、またはPOPメールプロトコルを使用しないクライアントで設定する必要があります。たとえば、Office 2016以降とMac用のメールアプリはサポートされるクライアントです。

必須:セキュリティのデフォルト設定を変更するには、管理者権限が必要です。詳細については、Microsoftの管理者の役割を参照してください。
  1. Azureポータルにサインインします。 Microsoft 365メールアドレスとパスワードを使用してください(GoDaddyのユーザー名とパスワードはここでは使えません)。サインイン方法にアクセスできない場合は、まずMFAをリセットします
  2. Azure Active Directoryを検索します。
    Azure Active Directoryの検索バー
  3. 管理」で「プロパティ」を選択します。
    左パネルのプロパティ
  4. 「セキュリティのデフォルトを管理」を選択します。
    ページの下部で、「セキュリティのデフォルトの管理」
  5. 「セキュリティのデフォルトを有効にする」トグルを「はい」に設定します。または、トグルを「いいえ」に設定し、無効にする理由を選択します。
  6. [保存]を選択します。セキュリティのデフォルトが保存されたことを確認するメッセージが表示されます。
    「セキュリティを有効にする」のデフォルトを「はい」に切り替え
必須:すでに条件付きアクセスポリシーを有効にしている場合は、セキュリティのデフォルトを有効にする前に無効にする必要があります。条件付きアクセスポリシーにサインインし、ポリシーを選択します。 「詳細」で「削除」を選択し、 「はい」を選択して確認します。必要に応じて手順を繰り返し、有効なポリシーをすべて削除します。

その他の情報