メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

ドメイン ヘルプ

SPFレコードを追加

SPF(センダー ポリシー フレームワーク)レコードは、DNS ゾーンファイルにおける TXT レコードの一種です。SPF レコードにより、どのメールサーバーがお使いのドメインの代わりにメール送信を許可されているかを特定できます。SPF レコードを追加することで、なりすましメールを検知して防ぐ役に立ちます。

  1. GoDaddy のドメインコントロールセンターにサインインします。(ログインでお困りですか?ユーザー名またはパスワードをご確認いただけます。)
  2. ドメインを選択して、ドメイン設定ページにアクセスします。
    ドメインを選択
  3. DNS を管理を選択して、ゾーンファイルにアクセスします。
  4. 追加」を選択して新しいレコードを追加します。
    新しいレコードの「追加」を選択
  5. 種類」のメニューオプションから「TXT」を選択します。SPF レコードは TXT レコードの種類の 1 つでしたね。
  6. SPFレコードの詳細を入力してください:
    • 名前:レコードのホスト名です。「@」を入力してルートドメインに SPF レコードを配置するか、「mail」などのプレフィックスを入力します。
    • :適用する SPF ルールです。たとえば、「v=spf1 mx -all」と入力すると、メールが自分のメールサーバーからのみ許可されることを示します。SPF レコードは 512 文字未満でなければならず、UTF-8 文字以外はサポートされていません。
    • TTL:サーバーが情報をキャッシュする長さです。デフォルト設定は1時間です。
  7. レコードを追加」を選択して、新たな SPF レコードを保存します。

DNS の更新はほとんどの場合 1 時間以内に反映されますが、グローバルに更新されるには最大 48 時間かかる場合があります。

関連する手順

詳細