ドメイン ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

ワンタイムパスワードとは?

ワンタイムパスワード(OTP)は、特定のドメインアクションを完了する際に、ドメイン保護を使用してドメインの身元を確認するために使用される場合があります。

質問を選択して回答を確認してください。

ワンタイムパスワードとは?

ワンタイムパスワードは、ドメイン保護を使用してドメインで特定の操作を実行するときに送信される特定の認証コードです。この独自のコードにより、お客様の身元を確認し、ドメインの移管、ドメインプライバシーの無効化、DNS編集などの不正行為からドメインを保護することができます。 2段階認証(2SV)が有効になっているアカウントでは、本人確認のためのワンタイムパスワードは取得されません。

本人確認とは

本人確認は、ドメイン保護が追加されたドメインで使用する追加のセキュリティ対策で、許可されたユーザーのみが特定のドメイン操作を実行できるようにします。オンラインで別のアカウントにログインする際に、2段階認証や多要素認証について聞いたことがあるかもしれません。本人確認では、セカンダリ検証方法と同じ概念を使用してドメインを保護し、アカウントで承認されたユーザーであることを確認します。ドメインで追加の身元確認が行われることで、不正行為や悪意のある行為からビジネスやブランドを守ることができます。

ワンタイムパスワードはどのように機能しますか?

ドメイン保護が設定されたドメインで特定の操作を完了すると、確認コードの入力を求められます。ワンタイムパスワードは、ドメインの登録者メールアドレスに自動的に送信されます(ワンタイムパスワードを手動で送信するには、「パスワードの送信」を選択する必要がある場合があります)。確認ウィンドウにそのコードを入力して本人確認を行い、ドメインでの操作を完了します。 2段階認証(2SV)を24時間以上オンにしている場合、本人確認のためにワンタイムパスワードは使用しません。

トップに戻る

ワンタイムパスワードはいつ取得しますか?

ネームサーバー移管転送、変更などの特定のドメイン操作を完了するときに、ワンタイムパスワードを受け取ります。 2段階認証を24時間以上設定している場合、本人確認にワンタイムパスワードは使用しません。

これらのドメイン操作はリスクが高いとみなされ、身元の確認を求められます。

  • ドメインを削除する
  • 自動更新をオフにする
  • ドメイン保護のダウングレードまたは削除
  • ドメインのプライバシーをオフにする
  • ドメインの連絡先情報を変更する
    • 登録者の連絡先情報の姓、名、組織、またはメールアドレスを変更する場合にのみ適用されます。
  • CashParkingに追加
  • ドメインのロックを解除する
  • 認証コード付きのドメインリストのエクスポート
  • ドメインを別のレジストラに移管する(GoDaddy以外)
  • ドメインを別のGoDaddyアカウントに移管
  • 「販売用リスト」から販売用ドメインをリストする
  • ネームサーバーの変更
  • DNSレコードを追加、編集、削除する
  • ドメインまたはサブドメイン転送の追加、編集、削除
  • DNSゾーンファイルをインポートする
  • カスタムホスト名を編集

ワンタイムパスワードはどこに送られますか?

ワンタイムパスワードは、ドメイン名に記載されている登録者のメールアドレスに送信されます。登録者のメールアドレスを含むドメイン連絡先情報は、GoDaddyアカウントで確認し、必要に応じて更新できます。

トップに戻る

ワンタイムパスワードを受け取れない場合は?

ドメインの登録者メールアドレスへのワンタイムパスワードが届かない場合、いくつかトラブルシューティングを行うことができます。

  • 正しいメールアドレスを確認していることを確認します。現在のドメイン連絡先の詳細を確認し、ドメインに最適な登録者メールアドレスが登録されていることを確認します。登録者のメールアドレスを変更する必要がある場合は、 2段階認証(2SV)を設定して、24時間後にメールを更新することができます。
  • 迷惑メールフォルダと迷惑メールフォルダを確認する:ワンタイムパスワードメールが迷惑メールフォルダまたは迷惑メールフォルダに振り分けられる場合があります。これらのフォルダをざっと見てメールを探し、フィルタが再度実行されないように、メッセージにスパムでないマークを付けます。
  • メールの到着を待つ:頻繁には送信されませんが、ワンタイムパスワードメールが遅れる場合があります。ほとんどの場合、メールは5〜10分以内に届きます。
  • 代わりに2段階認証を使用する:2段階認証を設定して、SMS経由で携帯電話番号でワンタイムコードを受信するか、代わりに認証アプリを使用します。コードの信頼性とセキュリティを高めるには、認証アプリを使用することをお勧めします。セットアップ後、2段階認証が有効になるまで24時間かかります。

これらのトラブルシューティング手順でワンタイムパスワードを取得できない場合、 GoDaddyガイドがいつでもお手伝いします

ワンタイムパスワードの制限はありますか?

はい。ワンタイムパスワードの使用にはいくつかの制限があります。

  • ワンタイムパスワードは、要求されてから60分間のみ有効です。
  • ドメインごとに、アクションごとに7日間で最大5つのワンタイムパスワードを送信できます。
    • :月曜日にドメインでネームサーバーを変更し、ワンタイムパスワードを使用して本人確認を完了しました。その後、木曜日に同じドメインのネームサーバーをさらに4回変更し、毎回別のワンタイムパスワードを使用しました。これで、そのドメインのネームサーバーの変更は日曜日まで禁止されます。
    • 注意:このドメインで他の操作を実行でき、他のドメインでも操作を実行できます。
  • 誤ったワンタイムパスワードを3回入力すると、24時間そのドメインでその操作からロックアウトされます。

関連する手順

詳細

  • 2段階認証を使用して、GoDaddyアカウント全体を保護します。
  • ドメインの登録期間が中断しないよう、自動更新をオンにします。