Brian Sharples
HomeAway共同創設者兼会長兼最高経営責任者

戻る

Sharplesは2005年2月、Carl Shepherdと共同でHomeAwayを設立しました。彼は、市場をリードするレンタルWebサイトを世界中で獲得するために、民間資金を4億ドルにまで増やしました。その時から、統一テクノロジープラットフォームが支える凝集型のグローバルネットワークへのHomeAwayの導入に従事しています。

Sharplesは、Fortuneが選ぶテクノロジー企業500社にマーケティングのデータや調査を提供するIntelliQuest Information Groupで以前、社長兼最高経営責任者を務めていました。また、2件の公募を成功させ、WPPグループに対してIntelliQuestの継続販売を成立させました。

Sharplesはテクノロジーブランド戦略のエキスパートであり、Apple、Microsoft、Dellなど複数の大手ブランドの相談役を務めた経験があります。現在は、RetailMeNot (NASDAQ:SALE)、Fexy Media、Twylaの取締役会のメンバーを務めています。ベンチャー投資会社Institutional Venture Partnersと、未公開株式投資会社Tritium Partnersの投資相談役も務めています。さらにSharplesは情熱あふれる起業家でもあり、複数の新興事業に現在関与しています。

彼は、コルビーカレッジで数学と経済学の学士号を、スタンフォード大学経営大学院で修士号を取得しました。