SSL証明書

訪問者にとって信用できる、正当なサイトであることを示します。

無料のSSL証明書プランを見る 選択ヘルパー

Webサイトセキュリティ

全てをひとつに:SSL、ファイアウォール、マルウェア保護が含まれます。

サイトについて完全な保護と安全性。

1つのWebサイトを保護

スタンダードプロテクション

価格は、わずか

¥6,339 /年

セール中 - 割引 19%

更新時 ¥7,919/年 4

  • 1つのドメインを保護します。
  • DV、OVおよびEV SSL証明書をご利用可能。
  • 無制限の受賞歴あるお客様サポート。
  • リスクのない 30 日間の返金保証。
  • お客様の信頼を向上する安全サイト トラストマーク。
  • 強力な SHA-2/2048 ビット暗号化。
  • ブラウザーから安全でないという警告を除去。
  • サーバー数と再発行の制限なし。
  • 1年間有効(期間延長可能)。

複数のWebサイトを保護

UCC/SAN SSL  

価格は、わずか

¥13,287 /年

セール中 - 割引 20%

更新時 ¥16,609/年 4

  • 最大 5 つのドメインを保護します。
  • DV、OVおよびEV SSL証明書をご利用可能。
  • 無制限の受賞歴あるお客様サポート。
  • リスクのない 30 日間の返金保証。
  • お客様の信頼を向上する安全サイト トラストマーク。
  • 強力な SHA-2/2048 ビット暗号化。
  • ブラウザーから安全でないという警告を除去。
  • サーバー数と再発行の制限なし。
  • 1年間有効(期間延長可能)。

すべてのサブドメインを保護

ワイルドカードSSL  

価格は、わずか

¥33,209 /年

更新時 ¥33,209/年 4

  • 1つのプライマリドメインと無制限のサブドメインを保護します。
  • DVおよびOV SSL証明書で利用可能です。
  • 無制限の受賞歴あるお客様サポート。
  • リスクのない 30 日間の返金保証。
  • お客様の信頼を向上する安全サイト トラストマーク。
  • 強力な SHA-2/2048 ビット暗号化。
  • ブラウザーから安全でないという警告を除去。
  • サーバー数と再発行の制限なし。
  • 1年間有効(期間延長可能)。

GoDaddy 適切な SSL証明書を簡単に選択できるようにしました。

GoDaddy 適切な SSL証明書を簡単に選択できるようにしました。

SSL証明書

インストールはご対応ください。

最低価格

¥6,339 /年

セール中 - 割引 19%

更新時 ¥7,919/年 4

Webサイトセキュリティ

全てをひとつに:SSL、ファイアウォール、マルウェア保護が含まれます。

価格は、わずか

¥7,907 /年

セール中 - 25%オフ

更新時 ¥10,547/年 4

管理SSLサービス

私たちにお任せください。

最低価格

¥16,199 /年

セール中 - 割引 25%

更新時 ¥21,599/年 4

有効期間
1年間有効。1年以上の
の期間、有効期限が切れる前に
お客様の証明書を再発行します。
最長5年間。
最長5年間。
ドメイン、サブドメイン、サイト保護
ドメインがひとつでも複数でも、すべてのサブドメインでも保護します。
1つのサイトとそのすべてのサブドメインを保護できます。
ドメインがひとつでも複数でも、すべてのサブドメインでも保護します。
エキスパートのインストール、セットアップ、メンテナンス、アップデート
HTTP暗号化とマルウェア保護
マルウェアスキャン
サイトクリーンアップと修復
コンテンツ配信ネット枠(CDN)による、DDoS保護とスピードブースト。
Webサイトバックアップにより、ビジネスの持続性を保護します

GoDaddy SSL証明書を使うメリット

企業/個人事業者とそのコミュニティに力を貸しています。

弊社は最先端の革新的ソリューションを提供するために絶えず進歩しながら、20 年以上にわたり、50 か国以上で 1,900 万を超える企業/個人事業者の力となり、至る所で企業/個人事業者の力となってまいりました。また、地域プログラムをサポートして目標達成を支えてまいりました。

最高水準のカスタマーサービスが受けられます。

GoDaddy ガイドのセキュリティエキスパートは非常に親身で知識豊富。いつでも実操作のサポートを提供いたします。GoDaddy は栄誉ある Stevie® 賞 (優れたサービスを提供する会社を評価) を多数受賞しています。

事実上弊社は認証局です。

GoDaddy は認証局 (CA)/ ブラウザーフォーラムの創設メンバーであり、これらの組織は高い安全性と認証のインターネットエクスペリエンスを進める意義ある変革を推進する目標を掲げています。グローバルデータセンター、災害復旧、冗長性、高可用性を備えた強固な PKI インフラにより認証サービスを提供いたします。また、Online Trust Honor Roll と WebTrust の受賞歴もあります。

GoDaddy SSL証明書を使うべき理由は他にもあります。

ブランドアイデンティティの強化。

各プレミアム証明書は、業界で認められている認証局によるサイト運営組織の認証によって真のアイデンティティが確認されていることを示せるため、ユーザーからの信頼の向上に役立ちます。SSL証明書は、サイト運営組織がデータとオンラインエクスペリエンスの保護に取り組んでいることをお客様に対して示すことができます。

「安全でない」は、許容されません。

訪問者が、安全であっても SSL のない Webサイトの URL を入力するかリンクをたどると、そのサイトはただちに「安全でない」とフラグが付きます。しかし、GoDaddy SSL証明書があれば、それが有効である間、「安全でない」警告が表示されることはなくなります。このことは重要です。

SEO ランキングの向上。

検索エンジンは、HTTPS で暗号化された Webサイトが非常に有利であり検索結果の上位に表示されます。これによって、見込み客に見つけてもらえる確率が大いに高まります。

規制基準の順守。

SSL証明書を購入すると、PCI-DSS、HIPAA、HITECH、GDPR などのさまざまな規格や規制に対応し、オンラインビジネスにとって最強の保護を得ることができます。

お客様の信頼を得られます。

また、信頼は厳格な認証指針を示す SSL プロトコルの礎なのでこれは重要です。弊社の SSL証明書は、業界最高の暗号化技術を用いて機密データを保護します。

安全なモバイルとオンラインの支払いシステム。

お客様が望む支払オプションを提供して、購入手続きまでショッピングを続けてもらえるようにしましょう。これを安全かつ確実に実現するには、SSL証明書が必要になります。SSL証明書は業界標準のエンドツーエンドの暗号化プロトコルであり、機密データがハッキングされることを阻止します。

SSL証明書のしくみ。

SSL証明書を使うと、ユーザー名、パスワード、クレジットカード番号などの重要なデータの漏洩によるハッキングや流出を阻止する、安全なデジタルトンネルが形成されます。

まず、SSL 契約。

訪問者がSSLで保護されたWebサイトにアクセスすると、SSL証明書が暗号化された安全な接続をブラウザーと自動的に確立します。全ページと全サブドメインにSSLが導入されていれば、サイトは非常に安全になります。

これで準備ができました。

Webサイトとの間でやり取りされるすべての情報が暗号化され、機密データが保護されます。

安全を示す南京錠アイコンが表示されます。

接続が完了すると、サイト訪問者が使用しているブラウザのアドレスバーの端に鍵マークと、「https」から始まるアドレスが表示されます。このような表示があるサイトは、コンテンツの閲覧や、商品購入、メール送信、メールリストへの登録などを安全に行うことができます。また、たとえ過去に「安全ではありません」という表示があった場合でも、今このような表示があることで、サイト訪問者の安心感を取り戻すことができます。拡張認証 (EV) SSL を設置すると、ブラウザーでは社名が表示され本物の企業であることを証明します。
Eric M.
GoDaddyガイド

どんなことでもご相談ください。誠心誠意サポートいたします。

何かお困りですか? 弊社までお電話ください。弊社製品をご利用中の方でも、初めての方でも、サポートいたします。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。電話番号: 050 6864 8178

その他のWebサイトセキュリティ

Webサイトを攻撃から守ることにより、総合的なセキュリティに向けて一歩進めましょう。以下のプロダクトをご覧になり、ハッキングを寄せ付けない方法についてご確認ください。
Managed Ssl Green 217

管理 SSL サービス

弊社が代行管理いたします。

初期費用

¥1,350/月

Web Backup Green 217

Webサイトバックアップ

Webサイトとデータのバックアップコピーを保存しましょう。念のためです。

初期費用

¥252/月

Web Secrity Green 217

Webサイトセキュリティ

Webサイトを守りクラッカーを排除します。

初期費用

¥748/月

SSL証明書に関するよくある質問:

SSLの期間変更の理由は?

2020/09/01 より、SSL/TLS証明書の発行が最長13ヵ月(397日)になります。この日以降、購入されるすべてのSSL証明書には新たな期間適用がされますが、それ以前に購入されたものはこの限りではありません。詳細についてはこちらのブログ記事から期間変更や GoDaddy の対応についてご確認ください

SSL証明書はどのようにインストールしますか?

GoDaddy SSL証明書が発行されたらメールにてお知らせします。その後の手続は、お客様サイトのホストの場所や、お客様が証明書購入時に選択したオプションにより異なります。

お客様が、Webホスティング、ホームページを作成できるWebサイトビルダーを選択した場合には、その後の手続はすべて弊社にて行いますのでご安心ください。お客様のWebサイトのホストが他社の場合、または弊社のVPSもしくは専用サーバーを利用する場合には、こちらにて詳細をご確認ください
  
SSL証明書を Parallels Pleskパネル、cPanel および Microsoft IIS に導入する場合にはこちらをご覧ください

SSL 証明書とは何で、どうして必要なのですか?

SSLはSecure Socket Layerの頭文字で、SSL証明書は、そのWebサイトお所有者を確認するための情報を表示し、SSL/TLSとのトラフィックを暗号化します。これにはパブリックキー、関連するサブドメインや証明書の発行者も含まれます。一般にTLSとして知られるSSLは、インターネットトラフィックを暗号化し、サーバーのアイデンティティを確認するためのプロトコルです。HTTPS Webアドレスを持つすべてのWebサイトは、SSL/TLSを利用しています。

サイトにSSL証明書を持ち、ユーザーの信頼を得ることは非常に重要です。ユーザーのデータを安全に保ち、Webサイトの所有者であることを示し、攻撃者があなたのサイトの偽のバージョンを作成することを防ぎます。

認証
SSL証明により、そのドメインを所有しているクライアントを確認できます。これによりドメイン攻撃やなりすましを避けられます。

暗号化
SSL/TLS暗号化は、パブリック/プライベートキーのペアリングによって行われます。これによりSSL証明書がファシリテーションされます。クライアントは、サーバーのSSL証明書からTLS接続を開くためのパブリックキーを得ます。

HTTPS 
SSL証明書は、HTTPS Webアドレスに必要です。HTTPS(HTTPの安全なバージョン)は、SSL/TLSによってトラフィックを暗号化しているWebサイトに表示されます。また、ユーザーデータを安全にすることに加え、HTTPSは、サイト来訪者の観点から信頼できるトラストファクターを表示します。

SSL証明書にはどのような種類がありますか?

SSL証明書には3つのタイプがあり、GoDaddy はそのすべてを提供しております。それぞれが、異なるレベルのセキュリティを有しています。個人のユーザー情報を含むすべてを扱う際に、どのSSL証明書が重要なのか確認しましょう。

  • ドメイン検証 (DV) SSL証明書DV証明書は、そのサイトの所有者を確認します。証明書認証局は、Webサイト登録されているメールアドレスにメールを送信し、アイデンティティを確認します。会社についての詳細情報は不要です。また、DV証明書は取得が最も簡単であり、そのため信頼性は最も低くなります。
  • 組織認証 (OV) SSL証明書組織や物理的位置住所、Webサイトのドメイン名の確認には、証明書認証局が必要です。この処理には2〜3日ほど掛かります。OV証明書にはそれなりの信頼度があり、低レベルのトランザクションがある公的なWebサイトに最適です。
  • 拡張認証 (EV) SSL証明書このSSL証明書は最もセキュリティレベルが高く、取り扱いに慎重を要する取引が行われるサイトに最適です。EV SSL証明書の発行前に、証明書認証局は申込者を注意深く確認します。レビュープロセスには会社のドキュメントやアイデンティティの確認の調査、サードパーティのデータベースによる関連情報の確認が含まれます。

標準SSL証明書とプレミアムSSL証明書の違いは?

SSL で保護されているサイトでは、ブラウザーのアドレスバーに南京錠アイコンが表示され、URL のプレフィックスが「https://」になります。GoDaddy プレミアム EV SSL証明書で保護されているサイトでは、ブラウザのアドレスバーが緑色に変わり、お客様の組織が、厳格な業界基準に従い、法的にも物理的にも実在する組織であるという検証を受けた組織であることを、訪問者に素早く保証できます。

GoDaddy のプレミアム EV SSL証明書を購入する場合、最も広範な審査を受ける必要があります。弊社では、法人名、所在地、電話番号、また他のビジネス情報を検証するという方法で、ドメイン管理者や会社の合法性を立証します。このプロセスいは30日ほど掛かりますが、この間にお客様をカバーします。GoDaddy EV SSL証明書には、この審査手続中に利用できる無料のスタンダード SSL証明書が付いているため、審査結果を待っている間もサイトでの取引を安全に実施できます。

詳しくは、ビジネスサイトにプレミアム拡張認証 (EV) 型 SSL証明書を使うメリットは? をご覧ください。

どのSSL証明書が必要ですか?

どの SSL証明書を使えばよいかについては、下記の質問を参考にご検討ください。

1.サイトの所在地は? 

弊社の証明書は、一部の例外を除き、世界中のどこにサイトがある場合でも発行されます。発行可能な場所についてはこのリストでご確認ください。

2.Webサイトは、ビジネスサイトまたは個人サイトのどちらですか?

個人 Webサイトで物を売る場合でなければ、標準SSL証明書 (DV) が最適です。情報提供ビジネス用サイトの場合も同様ですが、EコマースWebサイトの場合には、1 つのドメインのみ保護できる標準SSL証明書 (DV) か、プレミアムSSL証明書 (EV) をご利用ください。

3.使用する Webホスティングサーバーのタイプは?

弊社の SSL証明書は、大半のホスティングおよびサーバー構成で利用できます。Microsoft の Exchange Server 2007、Exchange Server 2010 または Live® Communications Server で運用する複数のドメインを保護するには、複数のドメインを保護できる UCC SSL 証明書をご利用ください。

4.保護すべきドメインの数はいくつですか?

ワイルドカードSSL証明書 を使うと、複数のサブドメインを保護できます。例えば、*.coolexample.com を保護する 1 つのワイルドカード SSL 証明書を使用して、shop.coolexample.com、www.coolexample.com、他のサブドメインも保護できます。

UCC SSL証明書を使うと、複数のドメイン、サブドメインおよび Webサイトを保護できます。例えば、www.coolexample.com、mail.coolexample.com および www.awesomeexample.com を 1 つの証明書で保護できます。

5.リモート PC 管理用 Intel vPro テクノロジをサポートしている SSL証明書が必要ですか? 

この場合には弊社のデラックス証明書 (OV) をご利用ください。

私の GoDaddy SSL証明書は、どれくらいの時間待つ必要がありますか?

GoDaddy スタンダード SSL (DV) 証明書は、通常、5 分以内で取得できます。GoDaddy デラックス SSL (OV) 証明書の取得には 3~5 営業日の期間が必要です。これは、ドメインの所有権検証だけでなく、SSL 証明書を申請した組織または事業の実在性も検証する必要があるためです。

GoDaddy プレミアム (EV) 証明書については、発行前に、綿密な申請により始まる広範な審査手続がありますので、申請前に、登記識別番号、法人設立または商業登記代行業者、また法域に関する情報といった事業に関する詳細情報をご準備ください。

証明書署名要求 (CSR) はどのような方法で生成できますか?

これは、お客様がWebサーバーにて使うソフトウェアにより異なります。詳細


Parallels Pleskパネル、cPanelおよびMicrosoft IISでのCSR生成方法についてはこちらをご覧ください

マルチドメインUC証明書/SAN証明書とは何ですか?

ユニファイドコミュニケーション (UCC) は、複数のドメイン名、および、1つのドメイン名のなかで複数のホスト名のセキュリティを守るSSL証明書です。UCC SSL証明書を使うと、1 つの SSL 証明書で、プライマリードメイン名に加え、最大で 99 のサブジェクトの別名 (SAN) を保護できます。例えば、UCC SSL証明書を使うと、www.domains1.com、www.domains2.net および www.domains3.org を 1 つの証明書で保護できます。

UCC SSL証明書は、共有ホスティング互換性があり、Microsoft® Exchange Server 2007、Exchange Server 2010、Microsoft Live® Communications Serverに最適です。ただし、サイトシールと証明書「発行先」情報には、プライマリードメイン名しか表示されません。証明書には、セカンダリーホスティングアカウントも同様に表示されますので、相互「接続」先をサイトに表示させたくない場合には、この証明書を利用しないでください。

HTTPSでは、異なるドメインをいくつ保護できますか?

お客様のWebサイトの構成によっては、単一ドメインのSSL証明書以外のものを使用したい場合があります。

  • ワイルドカードSSL証明書を使うと、同一ドメイン名の全サブドメインを保護できます。例えば、*.coolexample.comを保護して、shop.coolexample.com、www.coolexample.comおよび他のあらゆるサブドメインも保護できます。
  • UCC SSL証明書を使うと、複数のサブドメインや、独自のドメイン名およびWebサイトを保護できます。例えば、www.coolexample.com、mail.coolexample.com および www.awesomeexample.com を 1 つの証明書で保護できます。

SSL証明書について詳細説明が必要ですか?

SSL証明書の設定、用法および管理の詳細については、弊社のナレッジベースにてご確認ください。

4 免責事項

サードパーティのロゴやマークは、それぞれの所有者の登録商標です。無断複写・転載を禁じます。