お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

SSL証明書

SSL証明書を取得しましょう。
訪問者に信用でき本物であることをわかってもらえます。

すべての SSL証明書に付属するもの

市販の技術の中では最強のSHA-2/2048ビット暗号化を利用できます
Google検索ランキングを高められます
30日間の返金保証
無制限に利用できるセキュリティサポート
サーバーを無制限に保護できます
無料、無制限の再発行
すべての主要ブラウザーをサポートしています
サイトにサイトシールを表示できます
最大で100万米ドルの損害賠償保護

適切な SSL証明書を簡単に選択できるようにいたしました。

ドメイン認証 (DV) SSL
証明書

組織認証 (OV) SSL
証明書

拡張認証 (EV) SSL
証明書

最適例:
最適例:
個人 Webサイト
組織、ビジネス Webサイト
EコマースWebサイト (必須)
アドレスバーに信頼の目印を表示
アドレスバーに信頼の目印を表示
自動認証。数分で発行。
自動認証。数分で発行。
登録機関 (RA) の手動認証 (5~7 日以内で発行*)
登録機関 (RA) の手動認証 (5~7 日以内で発行*)
Google®のランキング向上
Google®のランキング向上
強力なSHA-2/2048ビット暗号化
強力なSHA-2/2048ビット暗号化
アドレスバーの南京錠
アドレスバーの南京錠
複数のWebサイトを保護 (マルチ ドメインSAN SSL)
複数のWebサイトを保護 (マルチ ドメインSAN SSL)
すべてのサブドメインを保護 (ワイルドカードSSL)
すべてのサブドメインを保護 (ワイルドカードSSL)
セキュリティ信頼シール
セキュリティ信頼シール

SSL証明書は GoDaddy にしませんか?

75Pxl Customer Service Blue

格別のお客様サービスが受けられます。
GoDaddy ガイドのセキュリティエキスパートは非常に親身で知識豊富。いつでも実操作のサポートを提供いたします。自慢するつもりはありませんが、GoDaddy には栄誉ある Stevie® 賞 (優れたサービスを提供する会社を評価) 受賞者が多数おります。
75Pxl Certificate Blue

事実上弊社は認証局です。
GoDaddy は認証局 (CA)/ ブラウザーフォーラムの創設メンバー組織であり、高い安全性と認証のインターネットエクスペリエンスを進める意義ある変革を推進する目標を掲げています。グローバルデータセンターと連携し、災害復旧、冗長性、高可用性を確保した強固な PKI インフラにより保証されたサービスを提供いたします。また、Online Trust Honor Roll と WebTrust の受賞歴もあります。

GoDaddy SSL証明書を使うべき理由はもっとあります。

SSL証明書のしくみ。

SSL証明書を使うと、ユーザー名、パスワード、クレジットカード番号などの重要なデータの漏洩によるハッキングや流出を阻止する、安全なデジタルトンネルが形成されます。

まず、SSL 契約。
訪問者がSSLで保護されたWebサイトにアクセスすると、SSL証明書が暗号化された安全な接続をブラウザーと自動的に確立します。全ページと全サブドメインにSSLが導入されていれば、サイトは非常に安全になります。
南京錠アイコンが表示されます。

接続が完了すると、南京錠アイコンと https が Webサイトの訪問者のブラウザーのアドレスバーの先頭に表示され、閲覧、ショッピング、メール送信、メールリストへの登録などを安全にできるサイトであることが訪問者に示されます。また、安全ではないタグが以前についていた場合も、瞬時になくなります。 拡張認証 (EV) SSL を設置すると、ブラウザーでは社名が表示され本物の企業であることを証明します。

これで準備ができました。
Webサイトで送受信するあらゆる情報は暗号化され、機密データは事実上ハッキングできなくなります。
Ftr Ssl Cert Non Eng

その他のタイプの Webサイトセキュリティ。

Webサイトを攻撃から守ることにより、総合的なセキュリティに向けて一歩進めましょう。以下のプロダクトをご覧になり ハッキングを寄せ付けない方法についてご確認ください。

SSL証明書に関するよくある質問:

SSL証明書はどのようにインストールしますか?

SSL証明書が発行されたらメールにてお知らせします。その後の手続は、お客様サイトのホストの場所や、お客様が証明書購入時に選択したオプションにより異なります。

お客様が、Webホスティング、Webサイトビルダーを選択した場合には、その後の手続はすべて弊社にて行いますのでご安心ください。お客様の Webサイトのホストが他社の場合、または弊社の VPS もしくは専用サーバーを利用する場合には、こちらにて詳細をご確認ください

SSL証明書を Parallels Pleskパネル、cPanel および Microsoft IIS に導入する場合にはこちらをご覧ください

SSL証明書とは?

SSL は Secure Socket Layer (セキュアソケットレイヤー) の略語で、言葉だけ聞くと複雑な技術のように思えますが、実際はそうではありません。SSL証明書を使うと、Webサイトが正規のサイトであることを証明し、Webサイトとその訪問者の間で送受信される情報を暗号化することができるため、ハッカー等による、サイトとその買物客の間で授受される情報の傍受を阻止できます。

SSL証明書を使うと、サイトの利用者は、安全なページで入力した情報は非公開情報として扱われ、サイバー詐欺師等に傍受されないという安心感を得ることができます。GoDaddy では、簡単な手順で証明書を導入しサーバーを保護できる方法を用意しています。

詳しくは、SSL証明書の定義をご覧ください。

私のWebサイトにてSSL証明書を使うメリットは?

GoDaddy のSSL証明書を使うと、訪問者のプライバシーを尊重している事実を示せるため、訪問者に安心感を与えることができます。SSL証明書を使うと、お客様のコンピューターから Web サーバーに送信されるデータを暗号化できるため、お客様の名前、住所/ 所在地、パスワードまたはクレジットカード番号といった機密情報を保護できます。SSL による暗号化は、スタンダードな Webセキュリティで、リセラーアカウント (Webサイトでクレジットカード決済を予定している場合に必要となるアカウント) を使う大半のサービスにおいてはサーバー証明書が必要となります。

詳しくは、SSL証明書はどのように機能しますか?をご覧ください。

私のWebサイトが安全であることを知らせる方法は?

お客様のWebサイトをどのように構築するかについては、お客様次第ですが、実際には、ベーシックな機能を備えている大半の安全なWebサイトは、HTMLを用いたハンドコーディングで作成できます。

訪問者が、お客様のWebサイト内のSSLで保護されているページにアクセスすると、ブラウザーのアドレスバーに南京錠アイコンが表示され、URLのプレフィックスが「https://」になります。大半のインターネットユーザーは、SSLで保護されている証を探しますが、お客様のWebサイトにも、お客様のサイトが検証済みの安全なサイトであることを示すサイトシールを追加することができます。訪問者がシールをクリックすると、お客様の証明書のステータスや詳細が表示されるため、訪問者は、お客様のWebサイトが機微情報を送信しても安全なサイトであることを確認できます。

詳しくは、コンピュータ内にある証明書の有効性検証をご覧ください。

標準SSL証明書とプレミアムSSL証明書の違いは?

SSL で保護されているサイトでは、ブラウザーのアドレスバーに南京錠アイコンが表示され、URL のプレフィックスが「https://」になります。プレミアム EV SSL証明書で保護されているサイトでは、ブラウザーのアドレスバーが緑色に変わり、お客様の組織が、厳格な業界基準に従い、法的にも物理的にも実在する組織であるという検証を受けた組織であることを、訪問者に素早く保証できます。

GoDaddy のプレミアム EV SSL証明書を取得するには、最も広範な審査を受ける必要があります。弊社では、法人名、所在地、電話番号、また他のビジネス情報を検証するという方法で、ドメイン管理者や会社の正当性を立証します。この審査にはおよそ 30 日の期間が必要ですが、弊社では、その間も、サイトが保護されるようにしています。EV SSL証明書には、この審査手続中に利用できる無料のスタンダード SSL証明書が付いているため、審査結果を待っている間もサイトでの取引を安全に実施できます。

詳しくは、ビジネスサイトにプレミアム拡張認証 (EV) 型 SSL証明書を使うメリットは? をご覧ください。

GoDaddyからSSL証明書を購入する必要があるのはなぜですか

一例を挙げると、弊社のSSL証明書を使えば、事実上無制限にサーバーを保護できます。弊社の証明書は、最大で2048ビットの暗号化をサポートしており、公開されている主要なデスクトップブラウザーやモバイルブラウザーのどれでも利用できます。また弊社の証明書には、業界最高水準の電話によるサービスやサポートが付帯しています。技術面では、GoDaddyのSSL証明書と他社の証明書に大差はありませんが、価格は、弊社のほうが安くなっています。インターネットサービスに適した新たなSSL証明書を提供している世界最大の弊社にて驚くべきサービスを体感してみませんか?

詳しくは、取得できるSSL証明書の暗号化強度は?をご覧ください。

どのSSL証明書が必要ですか?

どの SSL証明書を使えばよいかについては、下記の質問を参考にご検討ください。

  1. サイトの所在地は?

    弊社の証明書は、一部の例外を除き、世界中のどこにサイトがある場合でも発行されます。発行可能な場所についてはこのリストでご確認ください。

  2. Webサイトは、ビジネスサイトまたは個人サイトのどちらですか?

    パーソナル Webサイトで物を売る場合でなければ、標準SSL証明書 (DV) が最適です。情報提供ビジネス用サイトの場合も同様ですが、EコマースWebサイトの場合には、1 つのドメインのみ保護できる標準SSL証明書 (DV) か、プレミアムSSL証明書 (EV) をご利用ください。

  3. 使用する Webホスティングサーバーのタイプは?

    弊社の SSL証明書は、大半のホスティングおよびサーバー構成で利用できます。Microsoft の Exchange Server 2007、Exchange Server 2010 または Live® Communications Server で運用する複数のドメインを保護するには、複数のドメインを保護できる UCC SSL 証明書をご利用ください。

  4. 保護すべきドメインの数はいくつですか?

    ワイルドカードSSL証明書を使うと、複数のサブドメインを保護できます。例えば、*.coolexample.com と、shop.coolexample.com、www.coolexample.com などのサブドメインを 1 つのワイルドカード SSL 証明書で保護できます。

    UCC SSL証明書を使うと、複数のドメイン、サブドメインおよび Webサイトを保護できます。例えば、www.coolexample.com、mail.coolexample.com および www.awesomeexample.com を 1 つの証明書で保護できます。

  5. リモート PC 管理用 Intel vPro テクノロジをサポートしている SSL証明書が必要ですか?

    この場合には弊社のデラックス証明書 (OV) をご利用ください。

SSL証明書は、どれくらいの時間待つ必要がありますか?

スタンダード SSL (DV) 証明書は、通常、5 分以下で取得できます。 デラックス SSL (OV) 証明書の取得には 3~5 営業日の期間が必要です。これは、ドメインの所有権検証だけでなく、SSL 証明書を申請した組織または事業の実在性も検証する必要があるためです。

プレミアム (EV) 証明書については、発行前に、綿密な申請により始まる広範な審査手続がありますので、申請前に、登記識別番号、法人設立または商業登記代行業者、また法域に関する情報といった事業に関する詳細情報を集めておいてください。

証明書署名要求 (CSR) はどのような方法で生成できますか?

これは、お客様がWebサーバーにて使うソフトウェアにより異なりますので、こちらにて詳細をご確認ください

Parallels Pleskパネル、cPanelおよびMicrosoft IISでのCSR生成方法についてはこちらをご覧ください

ユニファイドコミュニケーション (UCC) 証明書とは?

統合コミュニケーション証明書 (UCC) は、複数のドメイン名、および、1つのドメイン名のなかで複数のホスト名のセキュリティを守るSSL証明書です。UCC SSL証明書を使うと、1 つの SSL 証明書で、プライマリードメイン名に加え、最大で 99 のサブジェクトの別名 (SAN) を保護できます。例えば、UCC SSL証明書を使うと、www.domains1.com、www.domains2.netおよびwww.domains3.orgを1つの証明書で保護できます。

UCC SSL証明書は、共有ホスティング互換性があり、Microsoft® Exchange Server 2007、Exchange Server 2010、Microsoft Live® Communications Serverに最適です。サイトシールと証明書「発行先」情報には、プライマリードメイン名しか表示されません。証明書には、セカンダリーホスティングアカウントも同様に表示されますので、相互「接続」先をサイトに表示させたくない場合には、この証明書を利用しないでください。

ワイルドカードSSL証明書とは何ですか?

ワイルドカードSSL証明書を使うと、お客様のプライマリードメインと、そのサブドメイン (数は無制限) を保護できます。例えば、www.coolexample.comとblog.coolexample.comは、いずれも1つのワイルドカードSSL証明書で保護できます。

ワイルドカードSSL証明書を使うと、お客様がSSL暗号化通信を要求する際に指定できるレベルで、コモンネームとすべてのサブドメインを保護できます。

HTTPSでいくつの異なるドメインを保護できますか?

お客様のWebサイトの構成によっては、単一ドメインのSSL証明書以外のものを使用したい場合があります。

  • ワイルドカードSSL証明書を使うと、同一ドメイン名の全サブドメインを保護できます。例えば、*.coolexample.comと、shop.coolexample.com、www.coolexample.comおよび他のあらゆるサブドメインを1つの証明書で保護できます。

  • UCC SSL証明書を使うと、複数のサブドメインや、独自のドメイン名およびWebサイトを保護できます。具体例を挙げると、www.coolexample.com、mail.coolexample.comおよびwww.awesomeexample.comを1つの証明書で保護できます。

SSL証明書について詳細説明が必要ですか?

SSL証明書の設定、用法および管理の詳細については、弊社のナレッジベースにてご確認ください。
*,4 免責事項
サードパーティサードパーティのロゴやマークは、それぞれの所有者により登録された商標です。無断複写・転載を禁じます。