Charles Robel
取締役会長兼独立投資家

戻る

Charles Robelはシリコンバレーの退職重役で個人投資家です。PricewaterhouseCoopersに26年勤め、1985年から1990年代半ばまで Silicon Valley Software Services Groupを運営するパートナーでした。その後、2000年に退職するまでTechnology Mergers and Acquisitions Groupの運営に携わりました。

2000年から2005年までRobelは、第一線のソフトウェア産業ベンチャー企業であるHummer Winblad Venture Partnersのジェネラルパートナーでした。現在はInformatica Corp. のリードディレクターで、DemandTec, Inc.の取締役でもあります。

Robelはアリゾナ州立大学の会計学B.S.を持っています。いくつかの民間企業の取締役会のメンバーであり、以前はAdaptec, Inc.、Borland Software Corporation、McAfee, Inc.の取締役会のメンバーでした。