メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

第4世代VPS & 専用サーバー ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

Plesk LinuxでPHPMailロギングを有効にする

PHPの組み込みメールログ機能を使用して、PHPMail()を送信するスクリプトを分離できます。 Pleskでは、ドメイン単位で、または同じバージョンのPHPを使用する複数のドメインについて、PHPMail()ログを有効にできます。

単一ドメインに対して有効にする

  • Pleskにログインします。
  • 左側のメニューから「 Webサイトとドメイン」を選択します。
  • ドメインを選択します。
  • 「PHP設定」を選択します。
  • 一番下までスクロールして、「追加設定ディレクティブ」というボックスを見つけます。ログファイルへの絶対パスとファイル名を指定して、メールログを有効にするディレクティブを追加します
    。mail.log = /var/www/vhosts/coolexample.com/phpmail.log

    これを[追加設定ディレクティブ]ボックスに入力し、[適用]をクリックします。 PHPMail()を使用すると、ログファイルが自動的に作成されます。

  • ログファイルが生成されたら、Pleskファイルマネージャからこのログにアクセスできます。

    SSHアクセス権がある場合は、データを操作して、使用されている一般的なスクリプトを見つけることができます。開始するには、 Gen 3またはGen 4サーバーで管理者アクセスを有効にする必要があります(まだ行っていない場合) 。SSHで接続し、rootユーザーに切り替えます

    PHPMail()を使用してスクリプトを見つけるには、次のコマンドを実行します。

    [root @ server〜]#cat /var/www/vhosts/coolexample.com/phpmail.log | awk '{print $ 6}' |カット-c 2- | uniq -c | cut -f1 -d ':' 1255 /var/www/vhosts/coolexample.com/httpdocs/wp-content/uploads/2020/05/spamscript.php 544 /var/www/vhosts/coolexample.com/httpdocs/wp -content / morespam.php

    複数のドメインで有効にする

    注意:すべてのドメインでPHPMail()ログを有効にするには、SSHを使用する必要があります。 SSHに慣れていない場合は、単一ドメインの手順を使用してください。

  • Pleskにログインします。
  • Pleskホームページから、ツールと設定をクリックします。
  • 「PHP設定」を選択します。


  • ログを生成するPHPのバージョンを選択します。当サイトでは、PHP 7.3をFPMアプリケーションとして実行しています。

  • php.iniと書かれたタブを選択
  • 探すphp.iniファイルのmail.log 。を削除します。 (セミコロン)行の先頭から、PHPのmail()ログを保存する場所を指定します。サーバーの/ tmpディレクトリを使用して、ドメイン間の権限の問題を回避します。

  • OK」を選択して保存します。
  • 次に、SSHでサーバーに接続し、ルートユーザーに切り替えます
  • 次に、メールログファイルを作成して適切な権限を付与し、すべてのPleskサブスクリプションがファイルに書き込みできるようにする必要があります。
    [root @ server〜]#touch /tmp/phpmail.log && chmod 777 /tmp/phpmail.log
  • ログファイルが生成されると、頻繁に使用されるメールスクリプトのログを解析できます。
    cat /path/to/phpmail.log | awk '{print $ 6}' |カット-c 2- | uniq -c |カット-f1 -d ':'

  • 警告:終了したらロギングを無効にしてください!停止しない場合、PHPMailのログ記録は無期限に継続され、サーバーのディスク容量を使い果たしてしまう可能性があります。

    関連ステップ

    その他の情報

    • サーバーのエキスパートがこれらの手順を有料で実行できます。エキスパートサービスの詳細については、エキスパートサービスメニューをご覧ください。