Exchange Server 2016:証明書をインストールする

オンライン申請書で証明書を要求してインストール可能な状態になったら、当社から提供されたファイルをダウンロードする必要があります。

まず、中間証明書をお使いのMicrosoft® Exchange Server 2016にインストールしておく必要があります。中間証明書は、 リポジトリ

次に、プライマリのSSL証明書をインストールするために、保留中の要求を完了させ、証明書ファイルをインポートしてから、証明書を適用するサービスを選択します。

Microsoft Exchange Server 2016に中間証明書をインストールする

  1. スタート」メニューで「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
  2. mmc」と入力して「OK」をクリックします。Microsoft管理コンソール (コンソール1) ウィンドウが開きます。
  3. コンソール1」ウィンドウで「ファイル」をクリックし、「スナップインの追加と削除」を選択します。
  4. スナップインの追加と削除」ウィンドウで「証明書」を選択して「追加」をクリックします。
  5. コンピュータ アカウント」ウィンドウで「コンピュータ アカウント」を選択して「次へ」をクリックします。
  6. コンピュータの選択」ウィンドウで「ローカル コンピュータ」を選択して「完了」をクリックします。
  7. スナップインの追加と削除」ウィンドウで「OK」をクリックします。
  8. コンソール1」ウィンドウで「+」をクリックして、左側にある「証明書 (ローカル コンピュータ)」フォルダを展開します。
  9. 中間証明機関」を右クリックし、カーソルを「すべてのタスク」にポイントして「インポート」をクリックします。
  10. 証明書のインポート ウィザード」ウィンドウで、「次へ」をクリックします。
  11. 参照」をクリックして中間証明書ファイルを見つけます。
  12. 開く」ウィンドウでファイル拡張子のフィルターを「PKCS #7証明書 (*.spc;*.p7b)」に変更して、*_iis_intermediates.p7bファイルを選択し、「開く」をクリックします。
  13. 証明書のインポート ウィザード」ウィンドウで、「次へ」をクリックします。
  14. 証明書をすべて次のストアに配置する」を選択してから、「参照」をクリックします。
  15. 証明書ストアの選択」ウィンドウで「中間証明機関」を選択してから、「OK」をクリックします。
  16. 証明書のインポート ウィザード」ウィンドウで、「次へ」をクリックします。
  17. 完了」をクリックします。
  18. OK」をクリックします。
  19. コンソール1」ウィンドウを閉じてから「いいえ」をクリックして、コンソール設定を削除します。

Microsoft Exchange Server 2016にSSL証明書をインストールする

  1. Exchange管理センター」にログインします。
  2. 左のメニューから「サーバー」を選択して、「証明書」をクリックします。
  3. 証明書 (状態は「保留中の要求」です) を選択して、「完了」をクリックします。
  4. インポートするファイル」に、当社から提供された証明書ファイルのパス (\\server\folder\coolexample.crt など) を入力して、「OK」をクリックします。Exchangeに証明書がインストールされます。
  5. 証明書」セクションで、再度同じ証明書 (状態は「有効」に変わっています) を選択し、「編集」(えんぴつのアイコン) をクリックします。
  6. サービス」をクリックし、証明書を適用するサービス (SMTP、UM、UMコールルーター、IMAP、 POP、および/またはIIS) を選択して「OK」をクリックします。これで、証明書をExchange 2016で使用できるようになりました。

注意:他社の製品の使用手順を説明しているのは、あくまで参考としてであり、これらの他社製品を推薦またはサポートの提供を行うものではありません。弊社はこれらの製品の機能や信頼性についての責任は負いません。

詳細


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。