メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

Webサイト + マーケティング ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

オンラインストアの商品スプレッドシートの書式を設定する

オンラインストアに商品をインポートする際は、スプレッドシートをCSVファイルとして保存し、以下のガイドラインに従ってフォーマットする必要があります。

  • スプレッドシートが正しくフォーマットされていることを確認する最善の方法は、スターターテンプレート(下記の手順)を使用するか、オンラインストアから商品をエクスポートして変更を加えることです。
  • 別のソースからの製品のスプレッドシートがすでにある場合は、情報をコピーしてスターターテンプレートに貼り付けます。これにより、スプレッドシートの形式が正しくなります。
  • 最初は空白のスプレッドシートを使用します。ただし、お勧めしません。必要な列がない場合、CSVファイルはアップロードされません。オプションの列の名前が正しくない場合、その列はストアにインポートされません。スターターテンプレートまたはWebsites + Marketingオンラインストアからエクスポートした商品を使用することをお勧めします。

スターターテンプレートをダウンロード

  1. GoDaddyの商品ページに進みます。
  2. Websites + Marketing」まで下にスクロールして、お使いのサイトの隣にある「管理」を選んでください。
  3. ダッシュボードで、「ストア」>「マーケットプレイス」の順に選択します。
  1. 「インポート/エクスポート」、 「インポート」の順に選択します。
  2. [ CSV File]を選択します。
  3. [スターターテンプレート]を選択します。

コンピューターがproducts_sample_file.csvスプレッドシートをダウンロードします。それを見つけて開き、記入を始めます。名前を変更して構いません。変更が完了したら、ストアにアップロードします

製品スプレッドシートのガイドライン

スプレッドシートには、 SKU名前価格が列ヘッダーとして含まれている必要があります。これらの3つのフィールドは必須フィールドです。スプレッドシートにこれらのフィールドが含まれていない場合、またはスプレッドシート内の商品にこれらの値がない場合、スプレッドシートはインポートできません。

販売価格、通貨、説明など、その他のフィールドはすべてオプションです。スプレッドシートに列として表示されていなくても問題ありません。スプレッドシートのフィールドがフィールドで、一部の商品行では空白の場合も問題ありません。

列フィールドには適切な名前を付ける必要があります。列フィールド名では、大文字と小文字は区別されません。 HEIGHT、height、およびHeightはすべて機能します。ただし、列のスペルをHieghtにしたり、Hghtと省略したりしても機能せず、この列の値はアップロードされません。

スプレッドシートに余分な列がある場合(または列の名前が正しくない場合)は、スプレッドシートをインポートしても無視されます。

列フィールドの順序は関係ありません。名前、価格、SKU、またはSKU、名前、価格を指定できます。これらの例はいずれも、エラーなしでアップロードされます。

各列フィールドにデータがある場合は、以下のリストに従って正しくフォーマットする必要があります。スプレッドシートのセルのデータでは、大文字と小文字は区別されません。はい、はい、はいのいずれでも機能します。セル内のデータが要件と一致しない場合(たとえば、そうであれば代わりにそうです)、スプレッドシートのインポートでエラーが表示されます。

スターターテンプレートスプレッドシートには、作業を開始するための製品例がいくつか含まれています。

製品スプレッドシートのフィールド

これらは、スプレッドシートCSVファイルに入力できるすべてのフィールドです。スターターテンプレートファイルに記載されている順序で入力します。

  • SKU :REQUIRED在庫を追跡するための一意の識別番号。 SKUはそれぞれ異なる必要があります。スプレッドシートのSKUがすでにオンラインストアにあるSKUと一致する場合、現在ストアにあるものをスプレッドシートの新しい情報で上書きすることを確認するように求められます。使用できるのは文字と数字の組み合わせのみで、特殊文字や小数は使用できません。例:100001またはDGT-RGN-GD-NTB
  • 名前:必須商品の名前。訪問者がストアを閲覧する際にも表示されます。テキスト、数字、特殊文字を含めることができます。
  • 親商品:商品にオプションまたはアドオンがある場合、これはオプションとアドオンのベースとなる親商品のSKUです。別の商品のSKUが含まれている必要があります。例:DGT-RGN-GD-NTB-1-4
    注:親商品のSKUフィールドは、その商品のバリエーションにのみ使用してください。親商品を含むラインアイテムの場合、このフィールドは空白のままにします。
  • 価格:必須アイテムの費用。数字または小数のみを指定してください。小数点以下最大2桁まで入力できますが、必須ではありません。通貨記号(自動的に追加されます)や千単位のコンマは入力しないでください。例:7または7.50または1000。1,000は不可。
  • セール価格:割引価格です。販売価格がある場合、価格が取り消され、代わりに販売価格が表示されます。価格と同じ形式です。
  • 説明:商品について顧客に説明します。テキスト、数字、特殊文字を使用できます。
  • 在庫の追跡:販売されたアイテムの数を追跡しますか?販売時にアイテムをトラッキングする場合は、このフィールドをTRUE、はい、Y、またはXに設定する必要があります。トラッキングしない場合は、FALSE、いいえ、またはNに設定する必要があります。使用可能なオプションは、TRUE、Yes、Y、X、FALSE、No、Nです。
  • QTY :数量、つまりアイテムの数量。 「在庫の追跡」がオンになっている場合(TrueまたはYesまたはX)、数量が必要です。これは4や18のような整数でなければならず、小数や文字は使用できません。
  • バックオーダー:商品の数量が0になった場合でも、他のユーザーがアイテムをバックオーダーできるようにしますか?アイテムをバックオーダーできるようにするには、TRUE、Yes、Y、またはXを使用します。使用可能なオプションは、TRUE、Yes、Y、X、FALSE、No、Nです。
  • 重量:これは商品の配送重量です。 1や2.4のような数字または小数のみ入力できます。ポンド、lb、オンス、オンス、キログラム、kg、グラムなどの単位は入力しないでください。これはストアの設定の地域情報で追加されます。
  • 長さ:これは、送料を計算するためのアイテムの長さです。 1や2.4のような数字または小数のみ入力できます。インチ、インチ、フィート、フィート、メートル、センチメートル、cmなどの単位は入力しないでください。これはストア設定の地域情報で追加されます。
  • :これは、配送料を計算するためのアイテムの幅です。 1や2.4のような数字または小数のみ入力できます。インチ、インチ、フィート、フィート、メートル、センチメートル、cmなどの単位は入力しないでください。これは、ストアの設定の地域情報で追加されます。
  • 高さ:配送料を計算する際のアイテムの高さです。 1や2.4のような数字または小数のみ入力できます。インチ、インチ、フィート、フィート、メートル、センチメートル、cmなどの単位は入力しないでください。これは、ストアの設定の地域情報で追加されます。
  • 税カテゴリ:税を設定する際の税カテゴリです。既存の税カテゴリを使用するか、フィールドを空白のままにして後で追加する必要があります。税カテゴリが存在しない場合は、スプレッドシートをインポートするときにエラーが表示されます。
  • 非表示:商品をサイト訪問者に表示するかどうかを決定します。 「TRUE」または「はい」または「X」とマークされている場合、その商品は来店者や検索エンジンには表示されません。 (はい、この製品を非表示にします。)使用可能なオプションは、TRUE、はい、Y、X、FALSE、いいえ、Nです。
  • カテゴリ商品カテゴリを追加するときのカテゴリです。カテゴリが存在しない場合は、セル内の名前に基づいて追加されます。衣服やTシャツのように、スラッシュを使用してサブカテゴリをネストすることができます。 (入れ子になったカテゴリは最大3レベルまで使用できます。)最後に、衣類/ Tシャツ、アウター、トラベルなど、商品を複数のカテゴリにコンマで区切って割り当てることができます。
  • 画像URL :商品ごとに画像URLを1つだけ追加できます。ストアに手動で追加することができます。画像の完全なURLが必要です。また、画像はWeb上でアクセスできる必要があります(パスワードで保護されていない)。たとえば、https://www.coolexample.com/image.jpg
  • SEOタイトル(廃止予定):検索エンジンの結果にタイトルが表示されます。テキストと数字を使用できます。
  • SEO Desc (非推奨):検索エンジンの結果でハイパーリンクの下に表示される製品の説明です。テキストと数字を使用できます。
    必須:スプレッドシートからSEOタイトルSEO説明の列を削除します。これら2つのフィールドは廃止予定で、インポートに失敗します。
  • Option1名前オプションでは、サイズや色など、商品のドロップダウンオプションを指定できます。モノグラミングなどの入力テキストやギフトラッピングなどの追加の選択肢を指定してもらいたい場合は、「アドオン」を参照してください。オプション名はお客様に表示される名前です。たとえば、「サイズ」などです。
  • Option1値:これはオプション名のドロップダウンオプションです。オプションをコンマで区切って入力します。オプション名がサイズの場合、オプション値は小、中、大、XXLのいずれかになります。
  • Option2名:Option1名を参照してください。商品には最大3つのオプションがあります。
  • Option2値:Option1値を参照してください。
  • Option3名:Option1名を参照してください。商品には最大3つのオプションがあります。
  • Option3値:Option1値を参照してください。
  • アドオン1の名前アドオンとは、ギフトラップや名前を付けた製品のパーソナライズなど、商品に追加する個人用の詳細や追加アイテムです。これは、顧客がチェックアウトしたときに表示されるアドオンの名前です。たとえば、彫刻。
  • アドオン1タイプ:お客様が入手できるアドオンには2種類しかありません:ギフトラッピングのようなリストからオプションを選択するか、顧客がカスタマイズした名前のように欲しいものを入力できるテキストボックスです。使用できるオプションは、値のリストまたはカスタムテキストです。
  • アドオン1必須:顧客がアドオンを選択する必要があるかどうかを選択します。使用可能なオプションは、TRUE、Yes、Y、X、FALSE、No、Nです。
  • アドオン1の値:アドオンの種類が値のリストに設定されている場合、ユーザーが選択できるオプションをコンマで区切って追加する必要があります。たとえば、アドオン名がギフトラッピングの場合、アドオンタイプは値のリストに設定され、アドオン値は茶色の紙、メタリック紙、装飾セロハンに設定できます。
  • アドオン2名:アドオン1名を参照してください。
  • アドオン2タイプ:アドオン1タイプを参照してください。
  • アドオン2必須:アドオン1必須を参照してください。
  • Add-on2値:Add-on1値を参照してください。
  • Add-on3名:Add-on1名を参照してください。
  • Add-on3タイプ:Add-on1タイプを参照してください。
  • アドオン3が必要:アドオン1が必要をご覧ください。
  • Add-on3値:Add-on1値を参照してください。

次のステップs

詳細