メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

Windowsホスティング(Plesk) ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

WindowsホスティングにSSL証明書をインストールする

サードパーティベンダーから標準のSSL証明書を購入した場合は、次の手順に従って証明書をWindowsホスティングアカウントに手動でインストールします。

  1. CSRを生成する— SSL証明書を提供する会社に、Windowsホスティングアカウントからの証明書署名要求(CSR)を提供する必要があります。
  2. 証明書をアップロードしてアクティブ化する— SSL証明書を受け取ったら、アカウントにアップロードし、保護したいサイトに対して「オン」にします。

CSRを生成する

  1. GoDaddyの 商品ページに進みます。
  2. Webホスティング」を選択し、使用するWindowsホスティングアカウントの隣にある「管理」を選択します。
  3. アカウントのダッシュボードで、「Plesk管理」を選択します。
  4. 「Plesk Webサイトとドメイン」ページの使用するドメインのセクションで、「 SSL / TLS証明書」を選択します。

    注:アイコンが表示されない場合は、ページの中央で[さらに表示]を選択し、[ SSL / TLS証明書]を選択します。

  5. [SSL / TLS証明書を追加]を選択します。
  6. 証明書名を入力し、「設定」セクションのすべての必須フィールドに入力して、「要求」を選択します。
    警告:設定」セクションに入力する情報は、証明書の購入時にSSLベンダーに提供した情報と完全に一致している必要があります。
  7. Pleskに追加した証明書の名前を選択します。証明書署名要求が「 CSR」セクションに表示されます。
  8. 証明書を発行する会社にこのCSRを提供してください。証明書が発行されると、SSL証明書である.crtファイルが提供されます。その後、次の手順に進みます。

証明書をアップロードして有効化する

  1. GoDaddyの 商品ページに進みます。
  2. Webホスティング」を選択し、使用するWindowsホスティングアカウントの隣にある「管理」を選択します。
  3. アカウントのダッシュボードで、「Plesk管理」を選択します。
  4. 「Plesk Webサイトとドメイン」ページの使用するドメインのセクションで、「 SSL / TLS証明書」を選択します。

    注:アイコンが表示されない場合は、ページの中央で[さらに表示]を選択し、[ SSL / TLS証明書]を選択します。

  5. [証明書ファイルのアップロード]の下の[証明書(* .crt)]の横にある[ファイルの選択]を選択し、コンピュータ上の.crtファイルを参照します。
  6. ファイルを証明書として選択し、 「ファイルの送信」を選択します。
  7. 左側のナビゲーションで、「 Webサイトとドメイン」を選択します。
  8. ドメイン名のすぐ下にある「ホスティング設定」を選択します。
  9. セキュリティ」セクションで、「 SSL / TLSサポート」を選択します。
  10. 作成した証明書を選択し、ページの下部で[ OK]を選択します。

これで終了です。 SSLが機能していることを確認するには、 SSL Shopperで確認できます。

その他の情報

  • WindowsホスティングアカウントでSSL証明書を取得するのに専用IPアドレスは必要ありません。これは、サーバー名表示(SNI)プロトコルを使用しているためです。ただし、すべてのブラウザがSNIをサポートしているわけではありません。つまり、専用IPアドレスがないと、一部のユーザーはSSL経由で接続を正常に確立できません。
  • Windowsホスティングのヘルプコンテンツのホームページはこちらです。