ヘルプ

Linuxホスティング(cPanel) ヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

LinuxホスティングアカウントにLet's Encrypt証明書をインストールする

Let's Encryptは、無料のSSL証明書を提供するサードパーティのセキュリティサービスです。 SSL(Secure Socket Layer)を使用すると、顧客がWebサイトにアクセスしたときに安全な接続が保証されます。 GoDaddy LinuxホスティングアカウントではLet's Encrypt証明書を使用できますが、SSL証明書は手動で設定する必要があります。

警告: Let's Encrypt証明書は90日間のみ有効です。 GoDaddyはLinuxホスティングアカウントの自動インストールをサポートしていないため、このプロセスを90日ごとに繰り返す必要があります。そうしないと、Webサイトにセキュリティエラーが表示されます。
  1. 証明書署名要求(CSR)を生成します。 Let's Encryptでは、証明書をCertbotで生成することを推奨していますが、GoDaddyのcPanel Linuxホスティングではサポートされていません。代わりに、サードパーティのクライアントを使用してLet's Encrypt証明書を生成する必要があります。 GoDaddyおよびLet's Encryptはこれらのサードパーティクライアントを管理または確認するものではなく、その安全性や信頼性を保証することはできません。 「ブラウザ」セクションで利用可能なオプションのリストを確認できます。
  2. ドメインの確認-確認プロセスを通じて、ドメインの所有権を示す必要があります。証明書の生成に使用するサードパーティのクライアントには、ドメインを検証するさまざまな方法が表示されます。ファイルのアップロードによる検証またはDNSの更新をお勧めします。
  3. 証明書と秘密キーをcPanelにインストールします。
  4. 証明書を90日ごとに更新-Let's Encrypt証明書は90日間のみ有効であるため、前の証明書が期限切れになる前に新しい証明書を生成する必要があります。

注意:弊社では、お客様の便宜のため、特定のサードパーティ製品の使用方法に関する情報を提供していますが、サードパーティ製品を保証したり直接サポートしたりするものではなく、そのような製品の機能や信頼性については責任を負いません。

詳細


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。