ヘルプ

SSL証明書 ヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

Microsoft IISで更新された証明書の問題のトラブルシューティング

注意: GoDaddyがWebサイトをホストしている場合、この問題について心配する必要はありません。更新リクエストに応じて、新しいCSRが自動的に生成されます。この制限はIIS証明書ウィザードにのみ影響し、IISサーバーの証明書キーストアには影響しません。

更新支払いを回収する際、新しい証明書を生成するプロセスでは、元の要求または以前の要求で取得した証明書署名要求(CSR)が自動的に再利用されます。

ただし、Microsoftインターネットインフォメーションサービス(IIS)の証明書ウィザードでは、新しい証明書を新しいCSRで生成する必要があります。そのため、ウィザードを使用して新しい証明書をインポートすると、証明書が削除されなかったことを示すエラーメッセージが表示されます(わかりやすい名前は関係ありません)。

この問題を解決するには、SSLコントロールパネルから更新した証明書のキーを再生成するか、以下の手順に従って更新した証明書をそのまま使用します。

  1. 「OK」をクリックし、IIS証明書ウィザードをキャンセルします。
  2. 新しい証明書のシリアル番号を取得します。
    1. サーバーに配置した証明書ファイルをダブルクリックします。
    2. 「詳細」タブをクリックします。
    3. 「シリアル番号」をクリックし、シリアル番号をコピーします。
  3. コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行します。Certutil-repairstore my [スペースのないシリアル番号]。
  4. IISマネージャに戻り、F5を押して新しい証明書を確認します。
  5. 接続」をクリックし、Webサイトを選択します。
  6. 「アクション」をクリックし、「バインディング」を選択します。
  7. [https]をクリックし、[編集]を選択します。
  8. 更新した証明書を選択し、「 OK」をクリックします。

この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。