メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

Linuxホスティング(cPanel) ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

日次バックアップを使用してサイトを復元する

日次バックアップを使用して、ドメイン、ファイル、データベース、メールボックス、またはメールフォワーダをバックアップの日付に復元します。

警告:この復元では、現在のドメイン、ファイル、データベース、メールボックス、メールフォワーダをバックアップの内容で上書きすることができます。
  1. GoDaddyにサインイン商品ページ
  2. [ Webホスティング]を選択します。次に、復元するLinuxホスティングアカウントの横にある「管理」を選択します。
    「管理」をクリック
  3. ホスティングアカウントのダッシュボードで、 cPanel管理を選択します。
  4. cPanelのホームページの「ファイル」セクションで、「毎日のバックアップ」を選択します。
  5. 希望するバックアップの日付を選択します。対応するバックアップがcPanelサーバーにマウントされるまで数分かかる場合があります。
  6. タイプ」セクションで、復元するバックアップタイプを選択します。
    • ドメイン:選択したドメイン(およびそのすべてのファイル)が上書きされ、バックアップデータで復元されます。
    • ファイル:選択したファイルはバックアップデータで上書きされ、復元されます。
    • データベース:選択したデータベースが上書きされ、バックアップデータで復元されます。または、バックアップから新しいデータベースが作成され、既存のデータベースは影響を受けません。
    • メールボックス:選択したメールボックスが上書きされ、バックアップデータで復元されます。
    • メールフォワーダ:選択したメールフォワーダが上書きされ、バックアップデータで復元されます。
  7. 復元するアイテムのチェックボックスをオンにします。または、チェックマークアイコンを選択してすべて選択します。
  8. 「回復」を選択します。
  9. (オプション)復元オプションを選択し、 「回復の開始」を選択します。
    • ドメイン:チェックボックスを選択して、サブドメインアドオンドメインを除外します。サブドメインとアドオンドメインは、復元の影響を受けません。
    • ファイル:チェックボックスを選択して、バックアップ後に作成された、元の場所にあるファイルを削除します。フォルダにバックアップ日より後に追加されたファイルがある場合、それらのファイルは削除され、既存のファイルは上書きされて復元されます。
    • データベース:チェックボックスを選択してデータベース名にサフィックスを追加し、テキストフィールドにサフィックスを入力します。入力したサフィックスで複製データベースが作成され、既存のデータベースは復元の影響を受けません。 dupliciateデータベースを使用するには、Webサイトの設定ファイルを更新する必要があります。

成功の確認メッセージが表示され、データが復元されたことが通知されます。

関連情報