GoDaddyからのMicrosoft 365 ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

SharePointとOneDriveの制限

SharePointとOneDriveにはストレージとサービスの制限があります。 SharePointで許可されている最大ストレージ容量に達した場合など、これらの制限のいずれかを超えると、エラーが発生する場合があります。

必須: Business Professional、Premium Security、またはBusiness Enterpriseが必要ですプランOneDriveとSharePointにアクセスです。オンラインビジネスエッセンシャルズには、OneDriveへのアクセスのみが含まれています。

SharePointの制限

  • ストレージ:組織あたり1 TBおよび購入したライセンスあたり10 GB
    注意:追加のSharePointストレージを購入することはできません。
  • サイトコレクションのストレージ:サイトコレクションまたはグループあたり最大25 TB
  • 組織あたりのサイトコレクション:500,000
  • ユーザー数:300人まで
    • Business Enterpriseプランのユーザー数:最大500,000人

SharePointサービスの制限

  • リスト内のアイテム:最大3,000万個
    • 一度にリストに表示できるのは5,000件のみです。 5,000を超えるアイテムを追加しようとすると、エラーが発生します。
    • ビューには最大12個のルックアップ列を含めることができます。
  • ライブラリ内のアイテム:最大3,000万個のファイルとフォルダ
    • ビューには最大12個のルックアップ列を含めることができます。
  • ファイルサイズ:250GB
    • 数GBを超えるファイルをアップロードするには、ブラウザのアップロード機能ではなく、同期アプリを使用する必要があります。
  • ファイルパス長:400文字
    • この制限は、フォルダパス全体とファイル名の文字の組み合わせに適用されます。
  • サイトコレクション間での移動とコピー:操作あたり100 GB
    • この間、Webブラウザは開いたままにしておく必要があります。
  • 同期(推奨) :単一のOneDriveまたはチームサイトライブラリで300,000以下のファイル
    • 同期するすべてのライブラリでアイテム数が300,000以上の場合、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
  • バージョン:50,000メジャーバージョンと511マイナーバージョン
  • SharePointグループ:ユーザーは5,000個のグループに所属でき、各グループには最大5,000人のユーザーを含めることができます。サイトコレクションごとに最大10,000のグループを持つことができます。
  • サブサイト:サイトコレクションあたり最大2,000
  • SharePointがホストするアプリケーション:組織あたり20,000インスタンス
注意: SharePoint URLは静的です。つまり、SharePointサブドメインを変更することはできません(たとえば、netorg.sharepoint.com URLを別のURLに変更したい場合)。

SharePointサービスの制限

  • ファイル共有:特定の受信者が同じ組織に属している場合にのみ共有できます。
    • セキュリティ上の理由から、ファイルの共有は特定の受信者か、できるだけ小さなグループに限定することをお勧めします。
  • ファイルの復元:削除したファイルは、最大93日間SharePointのごみ箱に保存されます。 93日が経過すると、ファイルは完全に削除されます。

OneDriveの制限

OneDriveサービスの制限

  • ファイル共有:特定の受信者が同じ組織に属している場合にのみ共有できます。
    • セキュリティ上の理由から、ファイルの共有は特定の受信者か、できるだけ小さなグループに限定することをお勧めします。
  • ファイルの復元:削除されたファイルはOneDriveのごみ箱に最大93日間保持されます。 93日が経過すると、ファイルは完全に削除されます。

関連ステップ

関連情報