ヘルプ

SSL証明書 ヘルプ

SSL証明書をAWSサーバーに手動でインストールする

証明書要求が承認されると、SSLマネージャから証明書をダウンロードしてAmazon Web Services(AWS)サーバーにインストールすることができます。このガイドでは、Elastic Load Balancer(ELB)プラットフォーム内のApplication Load Balancer(ALB)の使用を想定して説明しています。

注意:
Elastic Compute Cloud(EC2)インスタンス上で証明書署名要求(CSR)を生成できます。それには、複数の方法があります。詳細については、サーバーのドキュメントで確認してください。
・Elastic Container Service(ECS)を利用している場合は、WindowsまたはLinuxインスタンスに接続して証明書を手動でインストールするとよいでしょう。

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2にアクセスしてAmazon EC2コンソールにサインインします。
  2. 左側の「ナビゲーション」メニューで、「ネットワークとセキュリティ」を展開し、「ロードバランサ」を選択します。
  3. メインパネルで、証明書のアップロード先となるロードバランサを選択します。
  4. 下に表示される新しいセクションで、「リスナー」タブをクリックします。
  5. HTTPS(Secure HTTP) ロードバランサプロトコルの「SSL証明書」欄で「変更」をクリックします。
  6. 新しい「証明書の選択」ウィンドウで、「新規SSL証明書をAWS IdentityとAccess Management(IAM)にアップロード」のラジオボタンをクリックします。
  7. 証明書名」には、後日自分のSSLを識別しやすくするような名前を入力します。
  8. 秘密キー」フィールドには、coolexample.com.keyファイルからのテキストをそのまま貼り付けます。
    • これには「-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----」および「-----END RSA PRIVATE KEY----」という行を含める必要があります。
  9. 公開キー証明書」フィールドには、ランダムに命名された.crtファイルからのテキストをそのまま貼り付けます。
    • 必ず「-----BEGIN CERTIFICATE-----」および「-----END CERTIFICATE-----」という行を含めるようにしてください。
  10. 証明書チェーン」フィールドには、gd_bundle.crt(または類似の)ファイルからのテキストをそのまま貼り付けます。
    • 必ず「-----BEGIN CERTIFICATE-----」および「-----END CERTIFICATE-----」という行を含めるようにしてください。
    • このテキストフィールド内には合計3つの証明書バンドルがあるはずです。
  11. 保存」ボタンをクリックしてSSLのインストールを完了します。

次のステップ

詳細

注意:弊社が特定のサードパーティ製品の使用方法に関する情報を提供しているのはあくまで参考としてであり、サードパーティ製品を推奨または直接サポートしているわけではありません。弊社はそれらの製品の機能や信頼性について責任を負いません。サードパーティのマークおよびロゴは、それぞれの所有者の登録商標です。All rights reserved.


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。