一般的なWebページのエラー

HTTPステータスコードは3桁の数字で、Webブラウザに対してページのステータスに関する情報を提供します。これらのエラーのいくつかはインターネットを閲覧している時に表示されることがあります。自分のホスティングアカウントで表示されたこともあるかもしれません。

ここでは最も一般的なエラーコードについて説明します。エラーを修正するためにできることも説明します。

400 — 要求の形式が正しくありません

Webサーバーは正しくない形式のスクリプトを解析できませんでした。ほとんどの場合、原因はプログラミングの問題です。この問題を解決するには、開発者やソフトウェアプロバイダーに相談する必要があります。

401 — 認証が必要

このページにアクセスするにはユーザー名とパスワードが必要です。ユーザー名とパスワードなしでアクセスしようとすると、「401 — 認証が必要」メッセージが表示されます。

403 — 禁止

適切な権限のない人がディレクトリ、ファイルまたはスクリプトにアクセスしようとすると、禁止エラーが表示されます。例えば、あるスクリプトが特定のユーザーにのみ読み込み可能な場合、他の人はそのファイルにアクセスできず、403 エラーが表示されます。

無効なインデックスファイルと空のディレクトリが原因で403エラーが表示されることもあります。詳細は、使用しているホスティングアカウント種類に応じて次のいずれかの記事を参照してください。Web &クラシック / cPanel / Plesk

404 — 見つかりません

訪問者が存在しないURLにアクセスすると、404 エラーが表示されます。この原因としては、無効なURL、見つからないファイルまたは存在しなくなったURLへのリダイレクトなどが考えられます。

500 — 内部サーバーエラー

これはごく一般的なエラーで、Webサイトの表示に問題があることを意味していますが、詳細ははっきりしません。Linuxホスティングアカウントでの500エラーの原因となることが多いのは、無効な.htaccessファイルやファイル内の無効なルールです。Windowsで原因となるのは通常、web.configファイルでの無効なリクエストです。

問題の原因を突き止める方法:

  • Linux — Apacheエラーログを確認する。
  • Windows:次のコードを使用して、web.configファイルでエラーの詳細を有効にします。
    configuration>
      system.webServer>
         httpErrors errorMode="Detailed"/>
      /system.webServer>
    /configuration>

詳細は、W3.orgにあるステータスコード定義のリストを確認してください。


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。