ヘルプ

Webサイトビルダー ヘルプ

マイWebサイトのヘッダーに動画を追加

Webサイトのヘッダーで動画を用いることで、ビジュアル的な面白さを高めたり、製品やサービスをハイライトしたりすることができます。ヘッダーの見た目を変えたい場合、テーマの変更を行ってください。ヘッダーでの動画は無音で再生されます。また、モバイルデバイスでサイトを閲覧している顧客にはサムネイルしか表示されないため、ページの読み込みも早くなります。

ガイドが必要ですか?GoDaddyガイドから、エキスパート動画プランニングアドバイスを確認しましょう。

  1. GoDaddy商品ページに進みます。
  2. Website Builder」まで下にスクロールして、お使いのWebサイトの隣にある「管理」を選んでください。
  3. Webサイトの編集またはサイトの編集を選択して、Webサイトエディタを開いてください。
  4. ヘッダー(ホームページの最初のセクション)を選択して、カバーメディアの隣にある矢印を選択しましょう。
    カバーメディア画像の隣にある矢印のスクリーンショット。
  5. 動画を選択してください。
  6. 動画の変更を選択してください。
  7. ストック動画を選択してください。(独自の動画をアップロードする機能は、2020年の10月初旬から中旬に実装されます)
  8. 変更は作業中に保存されます。変更が反映されるよう、サイトを公開しましょう。

動画ヘッダーのベストプラクティス

  • ヘッダー動画には音声がないため、ユーザーの気を散らせることもなく、ページでの読み込み時間が長くなることもありません。動画に音声を付けたい場合、動画をサイトに追加しましょう。
  • ヘッダーに最適なビデオは短くループするものです(最長でも30秒程度にしましょう)。動画が非常に短い場合(5秒以下の場合)は、最初と最後のシーンを似たものにして、動画が自然にループするようにしましょう。
  • 効果的な動画を活用することで、以下を実現できます:
    • ムードを作る。舞台裏の様子を見せたり、顧客目線からの従業員との交流がどのようなものかを見せたりすることができます。
    • 商品を紹介する。あなたの商品を使っている人々を紹介することで、自分で使ったときのイメージを膨らませることができます。または、商品の機能についてデジタル広告的にハイライトすることもできます。
    • シーンを作る。イベントプランナーやゲストを迎える仕事をしているなら、冒険の様子を動画にして見せるのも良いでしょう。または店舗やスパ、レストラン、カフェの様子を映すのも良いアイデアです。
  • 動画はシンプルなものに、動きはスムーズかつ流れるようなもので、ぶつ切りの継ぎ接ぎやあまりに動きが多いようなものは避けましょう。
  • 動画を目的をもって利用しましょう。動画は注意を引くのに非常に有効ですが、サイトのその他の場所に注目してもらえなくなるのは頂けません。
  • サイトのコンテンツが動画の中で使われている色と混ざってしまわないように気をつけましょう。そうでないと、テキストが読みにくいなどの問題が起こる場合があります。
  • 動画の中にテキストを重ねると、ビジュアル的に気が散ってしまうことになるので避けましょう。
  • 代わりに、ヘッダー欄にテキストを追加することで、検索結果でもサイトが表示されやすくなります。

詳細


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。