Web/クラシックホスティング ヘルプ

cPanelドメインのDNSの構成

cPanel(共有、サーバー上の両方)では、自分のドメイン名のWebサイトとメールをホスティングできます。 ドメイン名とcPanelアカウントの間の接続を確立するには、ドメイン名のDNSを変更する必要があります(DNSとは何ですか?)。

  • ホスティングと同じアカウントのドメインを使用する共有ホスティングのユーザーについては、この処理は自動的に行われます。
  • その他の方はすべて、ドメイン名が登録されているところでDNSを構成する必要があります。 弊社を通じて行う場合は、弊社のDNSマネージャを使用できます(詳細)。

インターネット上でDNSの変更が反映されるまでに最大48時間かかる場合があります。

必須レコード

レコードタイプ ホスト ポイント先:
A(ホスト) @ アカウントのIPアドレス(共有ホスティング/サーバー
A(ホスト) mail アカウントのIPアドレス(共有ホスティング/サーバー
CNAME www @
MX(Mail Exchanger) @ mail.[ドメイン名]、たとえばmail.coolexample.com

注意: MX優先度0を使用してください

お持ちのメールが機能するためには、DNSゾーンファイル内にある他のすべてのMX(Mail Exchanger)エントリを削除する必要があります。 使用するのは上記のMXエントリだけです。

サブドメインにcPanelサイトが設定されている場合は(例、cpanel.coolexample.com)、「@」の各インスタンスをサブドメインに置き換え、サブドメインを含むドメインをMXレコードで使用します。

オプションのレコード

以下のすべてのレコードをゾーンファイルに追加する必要はありませんが、追加することによって、Outlookを通じた自動検出など、特定の機能が働くようになります。

レコードタイプ ホスト ポイント先/値
A(ホスト) admin アカウントのIPアドレス(共有ホスティングサーバー
CNAME autoconfig @
CNAME autoconfig.admin @
CNAME autodiscover @
CNAME autodiscover.admin @
CNAME cPanel @
CNAME ftp @
CNAME webdisk @
CNAME webdisk.admin @
CNAME webmail @
CNAME whm @
CNAME www.admin @
TXT @ v=spf1 a mx ptr include:secureserver.net -all

注意:このレコードはcPanel共有ホスティングアカウントにのみ適用されます。
TXT admin v=spf1 a mx ptr include:secureserver.net -all

注意:このレコードはcPanel共有ホスティングアカウントにのみ適用されます。

ドメインがcPanelメールを使用している場合は、上記のTXTレコードのみを使用してください。これらのTXTレコードがあり、ドメインで別のメールプロバイダを使用している場合、メール送信に問題がある可能性があります。

レコードタイプ サービス プロトコル 名前 優先度 重み ポート ターゲット
SRV _autodiscover _tcp @ 0 0 443 cpanelemaildiscovery.cpanel.net
SRV _autodiscover _tcp admin 0 0 443 cpanelemaildiscovery.cpanel.net

以下のDNSエントリは削除してもかまいません。

CNAMEレコード
email
imap
pop
smtp

この記事は役に立ちましたか。
ご意見・ご感想をお寄せいただき、ありがとうございました。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 どうすればお役に立てるでしょうか。