ヘルプ

ドメイン ヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

セカンダリDNSとは何ですか?

セカンダリDNSを使用すると、ドメインのゾーンファイルを2番目のネームサーバーに自動的にバックアップできます。ネームサーバーの最初のセットがダウンすると、自動的にバックアップに要求が送信されます。バックアップにはマスターネームサーバーと同じゾーンファイルが作成されます。セカンダリDNSを使用するには、ドメインにプレミアムDNS必要です。 DNSSECとセカンダリDNSを同じドメイン名で使用することはできません。

注意:セカンダリDNSを使用するには、独自のネームサーバーの設定と使用について十分に理解している必要があります。

セカンダリDNSを有効にするときは、GoDaddyネームサーバーをマスター(プライマリ)またはスレーブ(セカンダリ)ネームサーバーとして選択します。 DNSの更新は、セカンダリDNSの設定方法によって異なります。

  • マスターセットとしてのGoDaddyネームサーバー:すべてのDNS更新が自動的に行われ、スレーブ(ネームサーバーセット)がそれらを取得します。
  • スレーブセットとしてのGoDaddyネームサーバー:独自のマスターネームサーバーがDNSの更新を行います。変更を反映するために弊社のスレーブネームサーバーに通知を送信するように設定する必要があります。

セカンダリDNSを使用するには、DNSサーバーソフトウェアを使用して独自のネームサーバーセットを設定する必要があります。私たちはこのソフトウェアと互換性があります:

  • BIND v9.1.0以降
  • NSD
  • Windows Server 2008以降
  • パワーDNS

セカンダリDNSは、トランザクション署名(TSIG)の有無にかかわらず設定でき、ネームサーバーセット間の通信を保護します。独自のネームサーバーセットは、NOTIFY(ゾーン変更通知)要求とAXFR(完全ゾーン転送)をサポートしている必要があります。設定時に次の転送サーバー情報を使用します。

  • xfr03.domaincontrol.com(97.74.112.1)
  • xfr04.domaincontrol.com(97.74.112.2)

関連する手順


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。