メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

GoDaddy ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

WordPressプラグインのエラーを修正する

以下の手順に従って、WordPressのプラグインエラーを修正してください。

トラブルシューティングのためにWordPressサイトを準備します。

  1. トラブルシューティングを行う前に、必ずサイトのバックアップを作成してください。
  2. すべてのWordPressプラグインを無効にします。特にキャッシュプラグイン。
  3. サイトで使用している場合は、 WP_CACHEを無効にします。

WordPress関連のPHPエラーを理解する

以前のトラブルシューティングでPHPエラーが判明した場合は、次の表を使用してエラーを理解してください。


エラータイプ 定義と次のステップ
E_ERROR これは、スクリプトを終了させる致命的なエラーです。これらは通常、クラスや関数などの存在しないオブジェクトを呼び出すことによって発生します。これは、バージョンの非互換性でよく発生します。 WordPressのバージョン、テーマ、プラグインをアップデートする必要があります。
E_WARNING これは、スクリプトの終了を引き起こさない実行時の警告です。これらは発生する可能性のある問題ですが、PHPの処理は停止しません。これらには多くの場合、廃止予定の警告が含まれています。これは、コードが古いバージョンのPHPを使用している可能性があり、更新が必要であることを示します。 PHPログの警告は、必ずしも発生している問題に関連しているとは限りません。
E_PARSE これはコンパイル時の解析エラーです。これは通常、セミコロンの欠落などのPHP構文エラーを示しています;、かっこ()、開き角かっこ{}、またはその他の構文エラー。エラーメッセージで指定されたファイルと行を確認し、潜在的な構文エラーを探します。
E_NOTICE これは、コードのエラーが原因の実行時の通知です。これらは通常、スクリプトが終了しないPHPエラーです。これらのエラーは、コードに問題がある可能性があることを示していますが、スクリプトの正常な機能である可能性があります。一般的な原因として、未定義のPHP変数を使用していることが考えられます。 PHPログの通知は、必ずしも発生している問題に関連しているとは限りません。

WordPressコンポーネントを更新する

WordPressのバージョン、テーマ、またはプラグインを更新すると、他のバージョンと競合する可能性があります。すべてのWordPressコンポーネントを更新すると、サイトを通常の状態に戻すことができます。

以下を最新バージョンに更新します。

次のステップ

  • 上記のトラブルシューティングを行っても問題が解決しない場合は、プラグインをアンインストールしてから再インストールする必要があります。

詳細