ヘルプ

SSL証明書 ヘルプ

Plesk:証明書をインストールする

以下の手順に従って、WebサーバーにSSL証明書をインストールします。インストールプロセスが完了したら、サーバーが新しい証明書を認識できるようにParallels Pleskパネルを再起動する必要があります。

中間証明書について

発行されたSSL証明書をインストールする前に、Webサーバーに中間証明書をインストールする必要があります。中間証明書はセキュリティレベルを向上させます。これは、認証局がCAルート証明書から直接証明書を発行する必要がないためです。

中間証明書は、特にエンドエンティティサーバー証明書を発行するために信頼されたルートによって発行された従属証明書です。その結果、信頼チェーンが生成されます。このチェーンは、信頼されたルートCAから始まり、中間を経由して、発行されたSSL証明書で終わります。このような証明書は「チェーンルート証明書」と呼ばれます。

中間/ルート証明書バンドルは、リポジトリからダウンロードできます。

バンドルされた証明書、中間証明書、発行されたSSL証明書をダウンロードしたら、Webサーバーにすべてのファイルをインストールします。詳細については、「SSL証明書をダウンロードする」を参照してください。

Parallels Pleskパネル8.xにSSL証明書と中間証明書をインストールするには

  1. Parallels Pleskパネルにログインします。
  2. 左側のメニューから「ドメイン」を選択します。
  3. 証明書が発行されたドメイン名をクリックします。
  4. SSL証明書」をクリックします。
  5. 参照」をクリックし、署名済みのSSL証明書を見つけ出します。
  6. それを選択し、「Send File(ファイルを送信)」を選択します。これにより、対応する秘密キーに対する証明書がアップロードされ、インストールされます。
  7. 証明書の名前をクリックします。
  8. テキストエディタで証明書バンドルを開き、その内容をコピーして「CA Certificate(CA証明書)」ボックスに貼り付けます。
  9. テキストを送信」をクリックします。
  10. Up Level(1つ上のレベル)」をクリックし、「セットアップ」を選択します。
  11. ページの上部で、先ほどインストールした証明書を選択します。
  12. 左側のメニューから「サーバー」をクリックします。
  13. Service Management(サービス管理)」をクリックします。
  14. サーバーでLinuxが稼働している場合は、Apacheプロセスを停止してから開始します。サーバーでWindowsが稼働している場合は、IISサービスを停止してから開始します。

    注意:単にApacheを再起動するだけでは機能しません。サービスをいったん停止してからもう一度開始して、インストールを完了します。

Parallels Pleskパネル9.xにSSL証明書と中間証明書をインストールするには

  1. Parallels Pleskパネルにログインします。
  2. 左側のメニューから「ドメイン」を選択します。
  3. 証明書が発行されたドメイン名をクリックします。
  4. 証明書」をクリックします。
  5. 参照」をクリックし、署名済みのSSL証明書を見つけ出します。
  6. 証明書ファイルを選択し、「Send File(ファイルを送信)」をクリックします。
  7. 弊社から提供されて保存したサイト証明書の場所に移動します。それを選択し、「Send File(ファイルを送信)」を選択します。これにより、対応する秘密キーに対する証明書がアップロードされ、インストールされます。
  8. 表示されたリストで、証明書の名前をクリックします。
  9. テキストエディタで証明書バンドルを開き、その内容をコピーして「CA Certificate(CA証明書)」ボックスに貼り付けます。
  10. テキストを送信」ボタンをクリックします。
  11. Up Level(1つ上のレベル)」をクリックします。
  12. Up Level(1つ上のレベル)」をもう一度クリックします。
  13. Web Hosting Settings(Webホスティング設定)」を選択します。
  14. ページの上部にある「SSL証明書」フィールドを、インストールした証明書に変更し、「OK」をクリックします。
  15. ホーム」をクリックします。
  16. Service Management(サービス管理)」をクリックします。
  17. サーバーでLinuxが稼働している場合は、Apacheプロセスを停止してから開始します。サーバーでWindowsが稼働している場合は、IISサービスを停止してから開始します。

Parallels Pleskパネル10.xおよび11.xにSSL証明書と中間証明書をインストールするには

  1. Parallels Pleskパネルに管理者としてログインします。詳細については、「Log in to my server」を参照してください。
  2. 必要に応じて、「サービスプロバイダ」ビューに切り替えます。詳細については、「
    」を参照してください。
  3. ホスティングサービス」メニューの「ドメイン」をクリックします。
  4. 使用するドメイン名の横にある「Open in Control Panel(コントロールパネルで開く)」をクリックします。
  5. Plesk 11.0~11.4:「Websites & Domains(Webサイトとドメイン)」タブに移動し、「Secure Your Sites(サイトを保護)」をクリックします。

    Plesk 11.5以降:「Websites & Domains(Webサイトとドメイン)」タブに移動し、ドメイン名をクリックして、「Secure Your Sites(サイトを保護)」をクリックします。
  6. Certificate name(証明書名)」から、使用する証明書をクリックします。
  7. 証明書」フィールドの横にある「参照」をクリックします。
  8. 署名済みのCRTファイル(123456789.crtなど)を見つけ出して、「開く」をクリックします。
  9. CA certificate(CA証明書)」フィールドの横にある「参照」をクリックします。
  10. 証明書バンドルを見つけ出して、「開く」をクリックします。
  11. Send File(ファイルを送信)」をクリックします。
  12. Websites & Domains(Webサイトとドメイン)」タブに移動し、ページの下部にあるドメイン名をクリックします。
  13. Enable SSL support(SSLサポートを有効にする)」が選択されていることを確認し、メニューからSSL証明書を選択します。
  14. OK」をクリックします。
  15. サーバーでLinuxが稼働している場合は、Apacheプロセスを停止してから開始します。サーバーでWindowsが稼働している場合は、IISサービスを停止してから開始します。

これで、SSL証明書がインストールされます。問題がある場合は、問題の診断に役立つ「

」を参照してください。


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。