メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

アカウント管理 ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

プライバシーに関するよくある質問

プライバシーは誰にとっても優先事項です。プライバシーに関する法律は世界中で異なります。ヨーロッパのGDPRからカリフォルニアのCCPA、インドやブラジルなどの国々で新たな法律が登場しましたが、私たちの目標は、顧客がどこにいても一貫した世界クラスのプライバシーを提供することです。 。このため、主要なプライバシーツールはすべてのお客様にご利用いただけます。GoDaddyはお客様の情報を販売することはありません。

CCPA、GDPRなどとは何ですか?

カリフォルニア消費者プライバシー法(CCPA)は、カリフォルニア州の消費者に新たな権利を与え、企業がカリフォルニア市民の個人情報を収集、使用、共有することを許可する方法に関する要件を定めるカリフォルニア州の法律です。法律は2020年1月1日に発効する。

一般データ保護規則(GDPR)は、EUのすべての市民と居住者のデータ保護とプライバシーに重点を置いたEUの法律です。 GDPRは、GoDaddyを含む企業がEU内の個人に関する個人データを処理する方法を規制します。 GDPRは2018年5月25日に発効しました。

詳細については、プライバシー法とはを参照してください。

誰が影響を受けますか?

世界中のプライバシー法が、GoDaddyがすべてのお客様のデータを処理する方法に影響を与えています。これらの要件は異なる場合があります。GoDaddyは、世界中のお客様に、弊社によるお客様のデータの取り扱いと使用方法、およびお客様がこのデータを管理および更新するために提供する権利について、一貫したプライバシー体験を提供することを目指しています。

WHOISとは何ですか?

WHOISはICANNで義務付けられているサービスで、ドメイン所有者の連絡先情報、ドメインの空き状況、ドメインが登録されている会社など、登録済みドメインに関する基本情報を提供します。

WHOISデータにはどのようなアクセスできますか?

WHOISデータは通常、専用Webポータルによって、または「ポート43アクセス」と呼ばれる自動化メカニズムによってエンドユーザーに配信されます。 https://whois.godaddy.com などのWebポータルはCAPTCHAやその他のWebベースの認証方法を使用してデータ収集から保護することができますが、ポート43アクセスはそのような保護がなく、ドメインデータの自動一括収集の影響を受けやすいため、SPAMやロボコールの問題につながります。お客様。

GDPR、CCPA、および適用されるその他のプライバシー法は、WHOISデータの可用性とアクセスにどのように影響しますか?

GDPRや他の適用可能なグローバルプライバシー法に確実に準拠するため、GoDaddyではWHOISデータの公開とアクセスを制限する必要があります。

GDPRの影響を受けるドメインの場合、ドメインの技術情報と登録者の国、都道府県、および組織(指定されている場合)のみが返されます。国「GDPR対象国」のリストを確認するには、 GDPR影響を受ける国のリストにアクセスしてください。

その他の地域では、GoDaddyは2020年7月1日まで、ドメインの完全なWHOISデータを公開します(ただし、プロキシやプライバシーサービスを使用して個人データを保護している場合を除く)。このとき、ドメインの技術情報と世界中のすべてのドメインの登録者の国、州/県、および組織(指定されている場合)。

WHOISで公開されないデータの登録者とどのように連絡を取ることができますか?

GoDaddyは、ドメインの登録名義人に連絡するためのメカニズムとして、Webベースのフォームを作成しました。 WHOIS検索が https://whois.godaddy.com で行われる場合、登録者にメールで配信されるWebベースのフォームを介して登録者に連絡するオプションがあります。

法施行当局の捜査に協力する仕方で、WHOISデータにどのようにアクセスできますか?

GDPRの影響を受けないWHOISでドメインの場合、完全な連絡先データは、WHOISの結果は、登録者としてドメインによってプロキシを示し.IF、どのようにドメインによってプロキシ召喚状ポリシーをご覧ください(7月1,2020まで https://whois.godaddy.com アクセスすることで見つけることができます続行します。 GDPRルールに該当するWHOISレコードのあるドメイン、および2020年7月1日以降の世界中のすべてのWHOISレコードについては、 whoisrequests@GoDaddy.com 問い合わせください。リクエストには、個々の調査担当者と機関の名前、およびアクティブな調査の一部であるドメイン名を含める必要があります。詳細については、「法執行機関の登録者情報開示の要求」を参照してください。

GDPRによって制限されているWHOISをどのようにオプトアウトできますか?

ポート43には適切かつ必要なセキュリティ保護が不足しているため、お客様が現在実施している保護をバイパスできないようにしています。 WebベースのWHOISを通じて完全な連絡先情報の提供を希望する場合は、 displaywhois@godaddy.com に連絡することをお勧めします。

WHOISに変更が加えられたときに、ドメインをプロキシ/プライベート登録別ドメインでアクティブにするとどうなりますか?

影響を受けるお客様には、2020年7月1日より前にGoDaddyから、Domains By Proxy / Private Registrationsから拡張ドメイン保護/プライバシーサービスへのアップグレードを追加費用なしで提供する旨の連絡と、受信を希望しない場合のキャンセル方法に関する説明が届きます。アップグレード。