ヘルプ

SSL証明書 ヘルプ

SSL証明書をExchange Server 2013に手動でインストールする

証明書要求が承認されると、SSLマネージャから証明書をダウンロードしてMicrosoft Exchange Server 2013にインストールすることができます。

証明書ファイルをサーバーにコピーする

  1. 証明書とキーファイルが保存されているExchangeサーバーのネットワーク共有フォルダを開き、中間証明書(gd_iis_intermediates.p7bまたは類似の名前)とプライマリ証明書(ランダムな名前の.crtファイル)をそのフォルダにアップロードします。

Microsoft管理コンソール(MMC)に証明書スナップインを追加する

  1. スタートメニュー」をクリックし、次に「実行」をクリックします。
  2. プロンプトが表示されたら、「mmc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. ファイル」をクリックし、次に「スナップインの追加と削除」をクリックします。
  4. 新しいウィンドウで「追加」ボタンをクリックします。
  5. 新しいウィンドウで「証明書」を選択して「追加」をクリックします。
  6. スナップインのコンピュータアカウントを選択して「次へ」をクリックします。
  7. ローカルコンピュータ」をクリックして「終了」をクリックします。
  8. スタンドアロンスナップインを追加」ウィンドウで「閉じる」をクリックします。
  9. スナップインの追加/削除」ウィンドウで「 OK 」をクリックします。

中間SSL証明書をインポートする

  1. MCCコンソールで、「」をクリックして「証明書(ローカルコンピュータ)」を展開します。
  2. 中間証明機関」フォルダを右クリックし、カーソルを「すべてのタスク」にポイントして「インポート」をクリックします。
  3. 新しいウィンドウで「次へ」ボタンをクリックします。
  4. 参照」をクリックし、以前にアップロードした中間証明書ファイルを見つけて「開く」をクリックします。
  5. 次へ」をクリックし、証明書情報が適切であることを確認して「終了」をクリックします。
  6. インポートに成功しました」という通知を閉じます。

Exchange管理センターでSSLをインストールする

  1. Webブラウザを開いてhttps://localhost/ecpに接続することで、Exchange管理センターにアクセスします。
  2. ドメイン\ユーザーという形式のユーザー名と関連のパスワードを使って、アカウントにログインします。
  3. 左側のサイドバーで「サーバー」を選択します。
  4. メインセクションのトップメニューの最後尾で、「証明書」を選択します。
  5. メインパネルで、ステータスが「保留中の要求」となっている証明書を選択します。これは、CSR生成時に選択したフレンドリーネームによって識別できます。
  6. 右側の欄で、「ステータス」セクションを探して「完了」をクリックします。
  7. 新しいウィンドウで、ネットワーク共有フォルダのパスと自分の.crtファイルの名前を「インポート元ファイル」フィールドに入力して「ok」をクリックします。

SSL証明書を有効にする

  1. 証明書」ページのメインパネルで、ステータスが「正規」になっている証明書を選択します。
  2. 証明書リストの上にある鉛筆アイコンをクリックして、証明書を編集します。
  3. 新しいウィンドウで、左側にあるexchangecertを探し、「サービス」をクリックします。
  4. 証明書を有効化したいサービスを選択します(例:SMTP、IMAP、POP、IIS)。
  5. 保存」をクリックします。

次のステップ

詳細

注意:弊社が特定のサードパーティ製品の使用方法に関する情報を提供しているのはあくまで参考としてであり、サードパーティ製品を推奨または直接サポートしているわけではありません。弊社はそれらの製品の機能や信頼性について責任を負いません。サードパーティのマークおよびロゴは、それぞれの所有者の登録商標です。All rights reserved.


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。