GoDaddyからのMicrosoft 365 ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

Outlook(Windows)でMicrosoft 365アカウントをExchangeに更新する

新しいOutlookプロファイルを作成し、Microsoft 365アカウントをIMAPまたはPOPからExchange設定に切り替えます。

必須:これらの手順で新しいOutlookを使用することはできません。新しいOutlookを使用している場合は、オフにする前に続行してください。
新しいOutlookトグル

タブを選択すると、IMAPまたはPOPからExchangeに切り替えるための適切な手順が表示されます。

カレンダーまたは連絡先をエクスポートする

データがメールとの接続を維持し、復元可能であることを確認するには、手順に従ってデータをエクスポートし、新しいプロファイルを作成してから、データをインポートします。メールとフォルダはすでにサーバーに同期されており、エクスポートする必要はありません。

  1. Outlookを開きます。
  2. カレンダーをエクスポートするには、カレンダーボタンカレンダーまたは、連絡先をエクスポートするには、連絡先ボタン連絡先
  3. 左上隅にある[ファイル]を選択します。
    連絡先のファイルメニュー
  4. 「開く」&選択エクスポート、次にインポート/エクスポート
    左パネルの「開く&エクスポート」と「インポート/エクスポート」ボタン
  5. 「ファイルにエクスポート」、 「次へ」の順に選択します。
    「実行するアクションを選択」の「ファイルにエクスポート」オプション
  6. Outlook データファイル (.pst)」、そして「次へ」の順に選択します。
  7. メールアカウントの下で、カレンダーまたは連絡先が選択されます。 「サブフォルダーを含める」の横のチェックボックスも選択されていることを確認し、「次へ」を選択します。
    「次のボタンの上にサブフォルダを含める」の横にあるチェックボックス
  8. 「参照」を選択します。
  9. バックアップファイルを保存する場所を選択し、ファイル名を変更して、「 OK」を選択します。
  10. [完了]を選択します。
  11. バックアップファイルをパスワード保護するオプションがあります。これをスキップするには、「 OK 」を選択します。

連絡先とカレンダーの両方をバックアップするには、これらの手順を繰り返します。その後、ステップ2に進み、新しいOutlookプロファイルを作成します。

新しいOutlookプロファイルを作成する

  1. Outlookを開きます。
  2. 左上隅にある[ファイル]を選択します。
    Outlookの[ファイル]メニュー
  3. 「アカウント設定」、「プロファイルの管理」の順に選択します。
    「アカウント設定」を選択し、「プロファイルの管理」を選択します。
  4. プロファイル」で、「プロファイルの表示」を選択します。
  5. [追加]を選択します。
    「追加」を選択して別のプロファイルを追加
  6. 新しいプロファイルの名前を入力し、[ OK]を選択します。
  7. 正しいアカウントが自動入力されない場合は、名前、メールアドレス、パスワードを入力し、 「次へ」を選択します。
    メールアドレス情報を追加する
  8. アカウントが正常にセットアップされたら、「別のアカウントを追加」を選択してメールアドレスを新しいプロファイルに追加します。それ以外の場合は、「完了」を選択します。
    • Outlookにあった他のメールアカウントを再度追加する必要があります。これは、このステップで「別のアカウントを追加」を選択することで完了できます。
      「完了」を選択してセットアップを完了
  9. プロファイルを管理するには、リストから新しいプロファイル名を探し、[適用] 、[ OK ]の順に選択します。
    「適用」、「OK」の順に選択します。
  10. 新しい設定を適用するには、Outlookを閉じてから再度開きます。

カレンダーや連絡先をインポートする

  1. Outlookを開きます。
  2. カレンダーをインポートするには、カレンダーボタンカレンダーまたは、連絡先をインポートするには、連絡先ボタン連絡先
  3. 左上隅の[ファイル]に移動します。
    ホームメニュー左側のファイルメニュー
  4. 「開く」&選択エクスポート、次にインポート/エクスポート
    左パネルの「開く&エクスポート」と「インポート/エクスポート」ボタン
  5. 「別のプログラムまたはファイルからインポート」を選択し、「次へ」を選択します。
    「実行するアクションを選択」の「別のプログラムまたはファイルからインポート」オプション
  6. Outlook データファイル (.pst)」、そして「次へ」の順に選択します。
  7. 参照」を選択し、バックアップファイルを見つけて選択し、「開く」を選択します。 「次へ」を選択します。
  8. Outlookデータファイル」を選択し、カレンダーまたは連絡先を選択します。 「アイテムを現在のフォルダにインポート」を選択し、「完了」をクリックします。
    「実行するアクションを選択」の「別のプログラムまたはファイルからインポート」オプション

連絡先とカレンダーの両方をインポートするまで、これらの手順を繰り返します。これで、データがExchangeサーバー上にあります。

データにアクセスするには、新しいOutlookプロファイルでpstを開く必要があります。これにより、POPデータがサーバーに接続されることはありませんが、デバイスに保存されたままのフォルダにはアクセスできます。

新しいOutlookプロファイルを作成する

  1. Outlookを開きます。
  2. 左上隅にある[ファイル]を選択します。
    Outlookの[ファイル]メニュー
  3. 「アカウント設定」、「プロファイルの管理」の順に選択します。
    「アカウント設定」を選択し、「プロファイルの管理」を選択します。
  4. プロファイル」で、「プロファイルの表示」を選択します。
  5. [追加]を選択します。
    「追加」を選択して別のプロファイルを追加
  6. 新しいプロファイルの名前を入力し、[ OK]を選択します。
  7. 正しいアカウントが自動入力されない場合は、名前、メールアドレス、パスワードを入力し、 「次へ」を選択します。
    メールアドレス情報を追加する
  8. アカウントが正常にセットアップされたら、「別のアカウントを追加」を選択してメールアドレスを新しいプロファイルに追加します。それ以外の場合は、「完了」を選択します。
    • Outlookにあった他のメールアカウントを再度追加する必要があります。これは、このステップで「別のアカウントを追加」を選択することで完了できます。
      「完了」を選択してセットアップを完了
  9. プロファイルを管理するには、リストから新しいプロファイル名を探し、[適用] 、[ OK ]の順に選択します。
    「適用」、「OK」の順に選択します。
  10. 新しい設定を適用するには、Outlookを閉じてから再度開きます。

Outlookデータファイルを開く

  1. Outlookを開きます。
  2. 左上隅にある[ファイル]を選択します。
    WindowsのOutlookでファイルを選択
  3. 「開く」&選択「エクスポート」をクリックし、 「Outlookデータファイルを開く」を選択します。ファイルエクスプローラウィンドウが表示されます。
    開いてエクスポートメニューからOutlookデータファイルを開く
  4. ファイルを選択し、[ OK]を選択します。

ファイルは、Outlookのフォルダペインで独自のフォルダセットとして開きます。これで、データがExchangeサーバーに保存されました。

関連する手順

詳細