ヘルプ

ドメイン ヘルプ

.atドメインについて

.at国コードトップレベルドメイン名(ccTLD)は、オーストリアを表す拡張子です。

特徴 有効性
.atドメイン名には誰が登録できますか? 誰でも
ドメイン名制限 なし
登録期間 1年
更新期間 1年
更新制限 下記詳細1
ネームサーバー要件 下記詳細2
DNSSEC 下記詳細3
GoDaddyに移管 サポート有り
移管元 下記詳細4
プライベート登録 サポート無し
保護登録 サポート無し
バックオーダー サポート無し
一括登録 サポート有り
アカウント変更 サポート有り
連絡先の更新 サポート有り
IDN サポートされているラテンIDNドメイン
有効期限/償還 お客様サポートにお問い合わせください
払い戻しポリシー サポート無し
レジストリ Nic.at

注意:アドレスとして私書箱を使用することはできません。

説明

1 更新の制限事項

自動更新が有効に設定されている場合、有効期限の2週間前、1週間前、最後に3日前に、登録されているカードに対して請求し、ドメインの更新を試みます。お支払いを正常に処理できない場合は、お知らせします。

自動更新を有効にしていない場合、GoDaddyでは、有効期限の3から30日前に更新要求を手動で送信できます。30日より以前には更新要求はお受けできません。詳細については、

を参照してください。復元時に更新料金をお支払いいただく必要があります。

2 ネームサーバーの要件

.atドメイン名ごとに、最大8つのネームサーバーを設定できます。.atドメイン名ごとに、権限のあるネームサーバーが2つ必要です。ドメイン名を変更する前に、これらのネームサーバーのみをゾーンファイルにリストする必要があります。

弊社で.atドメイン名を登録して、弊社のネームサーバーを使用する場合、この処理は私たちにお任せください。

独自のネームサーバーを使用する場合は、ドメイン名の変更前に設定する必要があります。また、これらのネームサーバーをシステム内のドメイン名に割り当てる前に、正しく解決されているかも確認する必要があります。

注意:DNS検証ツールを使用すると、お使いのネームサーバーが正しく解決されているかどうかを確認できます。特に希望するDNS検証ツールがなければ、任意の検索エンジンを使用して見つけることができます。

たとえば、coolexample.com.atを登録し、ns1.coolexample.atおよびns2.coolexample.atというネームサーバーを使用する場合、これらのネームサーバーをドメイン名のゾーンファイルレコードにリストする必要があります。

ネームサーバーのセットアップが完了したら、ドメインのネームサーバーを変更の手順に従って、当社のシステム内でネームサーバーを設定します。

3 DNSSECの要件

.atドメイン名のDNSSECを有効にする方法については
を参照してください。 また、そのために必要なデジタル署名(DS)フィールドの情報については
を参照してください。.atドメイン名には最大6個のDSレコードを設定できます。

4 他レジストラへの移管の要件

.atドメインの移管を開始するには、移管先レジストラに依頼する必要があります。移管元レジストラ(場合によってはNic.at)が認証コードを提供し、移管要求を送信すると、移管は完了します。レジストリの制限により、移管された.atドメイン名は残りの登録期間のみ有効です。登録の自動延長はありません。

注意:移管を実行するためにドメインのロックを解除する必要はありません

ドメイン名を別のレジストラに移管する方法については、ドメインを別のレジストラに移すを参照してください。


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。