GoDaddyからのMicrosoft 365 ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

DKIMレコードを作成してMicrosoft 365組織に追加する

DomainKeys Identified Mail(DKIM)をDNS設定に追加すると、メールに署名が付けられ、組織から送信されたものはすべて、メッセージを受信するメールシステムによって信頼されます。これは、実際にメッセージを送信したのが本人であり、なりすましではないことを受信者に伝えるもう1つの方法です。

注: Proofpointの高度なメールセキュリティを使用している場合、以下の手順を使用してDKIMレコードを組織に追加することはできません。くださいGoDaddyガイドにお問い合わせください

ステップ1:DKIMキーを作成する

まず、DefenderポータルにアクセスしてDKIMキーを生成します。

必須: DKIMレコードを作成して組織に追加するには、管理者権限が必要です。
  1. Microsoft 365ディフェンダーポータルにサインインしてください。 Microsoft 365メールアドレスとパスワードを使用してください(GoDaddyのユーザー名とパスワードはここでは使えません)。
  2. [ DomainKeys Identified Mail(DKIM)]で、ドメイン名を選択します。 (隣のチェックボックスではなく、ドメイン名自体を選択してください。)一番右側にウィンドウが開きます。
    ドメイン名の例が強調表示されたDKIMページ。
  3. [ DKIMキーを作成]を選択します。キーはCNAMEレコードとして生成されます。
  4. [コピー]を選択します。両方のレコードのホスト名と値がクリップボードにコピーされます。レコードは次のステップで必要になるので、別のドキュメントに貼り付けることをお勧めします。

ステップ2:DNSにレコードを追加する

次に、キーをCNAMEレコードとしてDNSに追加します。これらの手順は、DNSがGoDaddyで管理されているドメインを対象としています。ドメインにGoDaddyが含まれていない場合は、DNSプロバイダでレコードを更新する必要があります。

  1. Webブラウザで新しいタブを開きます。
  2. GoDaddy のドメインポートフォリオにサインインします。(ログインでお困りですか?ユーザー名またはパスワードをご確認いただけます。)
  3. [ドメイン名]でドメインを選択します。
  4. ドメイン名の下にある[ DNS]を選択します。
  5. [新しいレコードを追加]を選択し、最初のレコードの詳細を入力します。
    • タイプCNAMEを選択してください。
    • 名前:ステップ1で生成した最初のキーを使用して、ホスト名を入力します。
    • :ステップ1で生成した最初のキーを使用して、値を入力します。
    • TTLデフォルトのままにします。
  6. [レコードを追加]を選択します。
  7. 手順を繰り返して、2番目のCNAMEレコードを追加します。
  8. [すべてのレコードを保存]を選択します。

両方のレコードがDNSに保存されます。

ステップ3:DKIMを有効にする

最後に、Defenderポータルに戻り、組織でDKIMを有効にします。

  1. Microsoft 365ディフェンダーポータルにサインインしてください。 Microsoft 365メールアドレスとパスワードを使用してください(GoDaddyのユーザー名とパスワードはここでは使えません)。
  2. [ DomainKeys Identified Mail(DKIM)]で、ドメイン名を選択します。一番右側にウィンドウが開きます。
  3. DKIM署名でこのドメインのメッセージに署名」トグルをオンにします。変更が保存されます。
  4. [OK]を選択します。

追加したDKIMレコードが検出された場合、トグルが有効になり、DKIMがセットアップされます。

DKIMレコードが検出され、エラーが表示される場合は、CNAMEレコードを正しく入力したことを再確認してください。レコードが完全に反映されるまで最大48時間かかります。

必須: Microsoft 365は、最初のonmicrosoft.comドメイン(たとえば、 coolexample.onmicrosoft.com )に対してDKIMを自動的にセットアップします。ただし、組織内に複数のドメインがある場合は、ドメインごとにこれらの手順を繰り返します。

関連ステップ

関連情報