メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

ドメイン ヘルプ

DNSの反映時間に影響する要因にはどのようなものがありますか。

ドメインのゾーンファイルにおけるDNS(ドメイン名システム)のレコードを更新する度に、インターネットのそれ以外の部分は変更に対応しなければなりません。このキャッチアップの期間は、プロパゲーションとして知られています。通常DNSの変更は数時間で浸透しますが、すべてがインターネットに伝搬するまで最大48時間かかる場合もあります。このプロパゲーションに要する時間には多くの要員が影響を与えますが、例としてお使いのTTLやISP、ドメインレジストリなどがあります。

  • TTL(Time to Live)設定:すべてのDNSレコードにはTTL設定があります。TTLとは、サーバーがDNSレコードのための情報をキャッシュするのにかかる時間のことです。例えば、あるレコードについてTTLを1時間と設定しておくと、サーバーはそのレコードに関する情報をローカルに1時間保存し、その後、ネームサーバーからの更新された情報を取得します。TTL設定を短くすると、プロパゲーションの速度が上がる場合があります。しかし、ネームサーバーのクエリ回数も増えるため、サイトのパフォーマンスが下がる可能性もあります。
  • ISP(インターネットサービスプロバイダ):ご利用のISPは、DNSサーバーからの新しいデータを取得するよりも、データをローカルに保存することで、DNSレコードをキャッシュします。これによりインターネットの閲覧速度が上がり、トラフィックが減少しますが、プロパゲーションにかかる時間が長くなる場合があります。ISPの中にはTTL設定を無視し、そのキャッシュされたレコードだけを2〜3日に一度更新するというものがあります。
  • ドメインレジストリ:ドメインのネームサーバーを変更した場合、弊社からお客様に、数分以内に、ドメインレジストリへの変更リクエストをお送りします。また、お客様のNS(ネームサーバー)レコードはルートゾーンに公開されます。ほとんどのレジストリは、そのゾーンを即座に更新しますが、数時間または数日かかる場合もあります。

ほとんどの場合、DNSの更新が伝搬するには数時間かかります。こうした要因は私たちの管轄ではないため、DNSの変更が完全にネット上に伝搬するには最大48時間を見ていただくことになります。48時間が経過しても完了しない場合や、変更が適切に反映されていない場合、問題に、例えばDNS設定が正しくないなど、別の原因がある場合があります。

その他の情報