メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

GoDaddyからのMicrosoft 365 ヘルプ

多要素認証の有効化・無効化

多要素認証 (MFA) は、Microsoft 365 アカウントへの不正アクセスを防ぎます。MFA を使用すると、アカウントにサインインするたびに、テキストメッセージでのコード送信などの認証が必要になります。パスワードが漏洩した場合でも、攻撃者はこの認証方法を再現できないので、アカウントへのアクセスはブロックされます。

必須:MFA設定を変更するには管理者権限が必要です。詳細についてはMicrosoftから管理者ロールを確認してください。

多要素認証の有効化

MFA をオンにして、選択されたユーザーに認証方法の追加を要求します。

  1. Microsoft 365のメールアドレスおよびパスワードで、Outlook on the webにサインインしましょう。
  2. サインインしたら、多要素認証ページに移動します。

    注意:管理者でない方がこのページにアクセスしようとすると、「このページにアクセスする権限がありません」というエラーメッセージが表示されます。

  3. 特定のユーザーに対して MFA を有効化するには、表示名の横にあるチェックボックスを選択します。 右側にクイックステップが表示されます。
    ユーザーメールアドレスの左のチェックボックス
  4. 有効化」を選択します。
    クイックステップのユーザー設定オプションの有効化と管理
  5. 確認画面で、「多要素認証を有効にする」を選択し、「閉じる」を選択します。選択したユーザーの MFA が有効になります。
  6. 同じユーザーのチェックボックスをチェックします。クイックステップから「実行」を選択します。
    クイックステップのユーザー設定オプションの無効化、実行、および管理
  7. Sign out and then sign back in to Outlook on the web with the email account that had MFA enforced. Enter a phone number for your MFA method, and then select Next.
  8. MFA の有効化が完了すると、Outlook 2010 などの基本認証を用いるメールクライアントのためのアプリパスワードを受信します。メモを取り、「完了」を選択します。

通常のサインイン方法にアクセスできなくなる場合に備えて、別のサインイン方法を追加することをお勧めします。

多要素認証の無効化

MFA をオフにして、選択されたユーザーの認証方法の要求を停止します。メールアドレスとパスワードのみでサインインできるようになります。

  1. Microsoft 365 のメールアドレスおよびパスワードを使用して Outlook on the web にサインインします。サインイン方法へのアクセス権がない場合は、最初に MFA をリセットします。
  2. サインインしたら、多要素認証ページに移動します。
  3. 特定のユーザーに対して MFA を無効にするには、表示名の横にあるチェックボックスを選択します。 右側にクイックステップが表示されます。
    ユーザーメールアドレスの左のチェックボックス
  4. 無効化」を選択します。
    クイックステップのユーザー設定オプションの無効化と管理
  5. 確認画面で、「はい」を選択し、「閉じる」を選択してください。選択したアカウントの MFA が無効になります。

関連ステップ

詳細