GoDaddyからのMicrosoft 365 ヘルプ

多要素認証の有効化・無効化

多要素認証 (MFA) は、Microsoft 365 アカウントへの不正アクセスを防ぎます。MFA を使用すると、アカウントにサインインするたびに、テキストメッセージでのコード送信などの認証が必要になります。パスワードが漏洩した場合でも、攻撃者はこの認証方法を再現できないので、アカウントへのアクセスはブロックされます。

注: この記事は、メールアカウントに MFA の設定を希望している Microsoft 365 のお客様を対象としています。GoDaddy アカウントに 2 段階認証を追加する場合は、代わりにこちらの記事を参照してください

必須: MFA 設定を変更するには管理者権限が必要です。詳細については、Microsoft の管理者ロールを確認してください。

多要素認証の有効化と強制

アカウントにアクセスするたびにユーザーにサインイン認証方法を使用するように求めるには、MFA を有効にします。

  1. Microsoft 365のメールアドレスおよびパスワードで、Outlook on the webにサインインしましょう。
  2. サインインしたら、多要素認証ページに移動します。
    注: 管理者でない方がこのページにアクセスしようとすると、「このページにアクセスする権限がありません」というエラーメッセージが表示されます。
  3. 特定のユーザーに対して MFA を有効化するには、表示名の横にあるチェックボックスを選択します。複数のユーザーを選択できます。
    ユーザーメールアドレスの左のチェックボックス
  4. ページ右端の「クイックステップ」から、「有効化」を選択します。
    クイックステップのユーザー設定オプションの有効化と管理
  5. 確認画面で、「多要素認証の有効化」を選択し、「閉じる」を選択します。選択したユーザー (複数可) の MFA が有効になります。
  6. 同じユーザー (複数可) のチェックボックスをチェックします。クイックステップから「実行」を選択します。
    クイックステップのユーザー設定オプションの無効化、実行、および管理
  7. 多要素認証の実行」を選択し、「閉じる」を選択します。選択したユーザー (複数可) の MFA が実行されます。
  8. MFA が実行された各ユーザーのサインイン認証方法を設定します (ユーザーのアカウントにアクセスできない場合は、手順を各ユーザーに送信できます)。
    1. Outlook on the web からサインアウトします。
    2. セキュリティ情報」ページにサインインします。さらに情報が必要であるというメッセージが表示された場合は、「次へ」を選択します。
    3. サインイン方法を設定します。こちらの記事を参照して手順を確認できます。
  9. MFA の有効化が完了すると、基本認証を使用するメールクライアント用のアプリパスワードを受信します。メモを取り、「完了」を選択します。

これで完了です。選択されたユーザーの MFA が有効になり、実行されます。通常のサインイン方法にアクセスできなくなる場合に備えて、別のサインイン方法を追加することをお勧めします。

多要素認証の無効化

選択したユーザーの認証方法の要求を停止するには、MFA をオフにすることができます。MFA を無効にすると、ユーザーはメールアドレスとパスワードのみでサインインできるようになります。

  1. Microsoft 365のメールアドレスおよびパスワードで、Outlook on the webにサインインしましょう。
    • サインイン方法へのアクセス権がない場合は、最初に MFA をリセットします。
  2. サインインしたら、多要素認証ページに移動します。
  3. 特定のユーザーに対して MFA を無効化するには、表示名の横にあるチェックボックスを選択します。複数のユーザーを選択できます。
    ユーザーメールアドレスの左のチェックボックス
  4. ページ右端の「クイックステップ」から、「無効化」を選択します。
    「クイックステップ」の下にある「無効化」と「ユーザー設定の管理」オプション
  5. 確認画面で、「はい」を選択し、「閉じる」を選択してください。選択したユーザー (複数可) の MFA が無効になります。

関連ステップ

詳細