ヘルプ

ドメイン ヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

.jpドメインについて

日本の国コードトップレベルドメイン名(ccTLD)「.jp」拡張子のスポンサーおよび弊社のバックエンドプロバイダは「JPRS」です。

.jpドメインは誰が登録できますか?

個人は、日本に居住するか、日本に会社を持っている場合、.jpドメイン名を登録できます。登録者の連絡先の国は日本でなければなりません。さらに質問がある場合は、日本レジストリサービスのよくある質問を参照してください。

登録制限

.jpドメインを登録する際には、特定の要件に従う必要があります。

  • 使用する必要があります
    • ASCII:3-63文字
    • 漢字:3〜15文字
    • ひらがな:3〜15文字
    • カタカナ:3〜15文字
  • 使用できる文字:文字(az文字)、数字(0-9)、ハイフン(ドメイン名の最初と最後の文字を除く)
  • 使用不可:特殊文字(&、#など)
  • IDN :サポート(日本語)

機能

  • 登録期間:1年
  • 更新期間:1年
    • レジストリでは、手動および明示的な更新はできません。 GoDaddyでは、有効期限の30〜2日前に更新リクエストを送信できる機能が有効になっています。
    • 新しい有効期限日は、現在の有効期限日が過ぎるまでレジストリのWhoisに反映されません。
  • バックオーダー: サポートされていません
  • GoDaddyへの移管:サポートあり
    • .jpドメイン名の移管を弊社から購入する場合は、移管プロセス中に日本の住所がドメイン名に含まれるように、まず日本にある住所をアカウント情報に記載してください。
    • そこ有効期限の拡張子がなく、認証コードは必要ありません。移管をさらに許可するには、このフィールドを空白のままにしてください。
  • GoDaddyからの移管:サポート
    • .jpドメインを別のレジストラに移管するプロセスは固有です。ドメインのロックを解除する必要はありません。移管先のレジストラ(移管先のレジストラ)に移管を送信する必要があります。移管をリクエストするのに認証コードは必要ありません。
    • 移管リクエストが送信されたというレジストリからの通知を受け取り次第、移管の承認方法を説明するメールをお送りします。移管は8日以内にGoDaddyアカウントを通じて承認される必要があります。承認されない場合、取得レジストラで移管プロセスを再開する必要があります。
    • 新しいレジストラがドメインのREG-IDを要求する場合、 GoDaddyガイド問い合わせください。
  • 別のGoDaddyアカウントへの移管:サポートされていません
  • 基本的なプライバシー保護:サポートされていません
  • 保護プランのアップグレード:サポートされていません
  • CashParking :サポート
  • 連絡先の更新:サポート
    • 登録には、登録者の連絡先のみが必要です。技術、管理、請求の連絡先はオプションです。ドメイン名の連絡先情報は、GoDaddyアカウントのドメインマネージャから更新できます。

ネームサーバーの要件

  • 使用する必要があります:1-20ネームサーバー
  • 使用可能:IPv4、IPv6
  • 使用不可:DNSSEC

返金

払い戻しの詳細については、 払い戻しポリシーご覧ください。ほとんどのドメインは標準の払い戻し規約に従いますが、一部のドメインには例外があるか、払い戻しができない場合があります。特別払い戻し条件の製品>の情報を確認します。ドメイン名登録/更新および製品は払い戻しの対象になりません

キャンセル条件

.jpドメイン名をキャンセルするには、 GoDaddyガイドまでお問い合わせください。

詳細


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。