Web/クラシックホスティング ヘルプ

WebサイトをGoDaddyに移管する(共有ホスティング)

この記事では、他社のホスティングアカウントを当社に移管する場合に必要なすべての情報を紹介します。 ただし、一部の複雑な状況については、この記事では取り扱いません。

このガイドが有効な事例 このガイドを適用できない事例
  • サイトがHTMLによる単純な構成である
  • メールサービスをそのまま使用する
  • WebサイトのファイルにFTPでアクセスできる
  • WordPressを使用しているこの場合、こちらを推奨します
  • Joomla!などの他のWebアプリを使用している
  • メールサービスを変更する

以上の点について問題がなければ、作業に入ります。

アカウントをセットアップ

アカウントを購入した後、アカウントをセットアップして、どのドメインを使用するか当社で把握できるようにする必要があります。 これについては「アカウントのセットアップ」で説明しています。

Webサイトを当社のシステムのホスティングアカウント間で移管する場合は、ドメインを既存のアカウントから削除するか、元のアカウントのプライマリドメイン名を変更することが必要となる場合があります。

Webサイトのダウンロード

Webサイトのファイルのコピーがある場合は、この手順を省略できます。

ない場合は、ファイルのコピーを現在のホスティング会社からダウンロードする必要があります。 ホスティングの場所として非常に多くの場所が考えられるため、そのすべての手順を説明することはできません。 しかし、当社ではFTPクライアントの使用を推奨しています。使用方法については「FileZilla(FTP)を使ってホスティングアカウントに接続する」で説明しています。

Webサイトのアップロード

ファイルが用意できたら、ファイルをローカルコンピュータからホスティングアカウント(当社のサーバー。インターネットからアクセス可能です)に移動する必要があります。 この作業を行う場合、FTPクライアントの使用が推奨されますが、他にもいくつかの方法があります。 これについては「FTP: ファイルのアップロード方法」で説明しています。

Webサイトのプレビュー

ホスティングアカウントのコンテンツを用意できたら、プレビューして外観を確認することができます。 この作業については、「

」を参照してください。

当社でホスティングするサイトの稼動

問題がなければ、DNSを変更して元のホストから当社に切り替えます。DNSはドメイン名の読み込みに使用するホスティングアカウント/サーバーを指定します(詳細はこちら)。 このプロセスは非常に簡単ですが、方法は2通りあり、Webサイト、具体的にはメールに対する影響が異なります。

この先に進む前に、現在のメール設定に対する影響を考慮する必要があるかどうかを考えてください。

はい 現在のメール設定を維持する場合は、ドメイン名のプライマリIPアドレス/Aレコードのみを変更する必要があります。 IPアドレスはこちらで説明する手順で確認できます。

確認できたら、ドメイン名が登録されている会社のIPアドレスに変更します。 当社を経由している場合は、当社のDNSマネージャを使用できます(DNSを管理 )。
いいえ 現在のメール設定に対する影響を考慮する必要がない場合は、ネームサーバーを変更するだけですみます(DNS設定はすべて変更されます)。 手順はすべで「ドメインのネームサーバーを変更」で説明しています。

これらの変更はいずれも、インターネット全体に反映されるまで最大48時間かかる場合があります。 反映されれば、 ホスティングアカウントの移転はこれで完了です。


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。