ワイルドカードSSL証明書

GoDaddy ワイルドカード証明書で、サイトのすべてのページを保護しましょう。

ワイルドカードSSL証明書価格    
¥32,844/年    

更新後は ¥33,209/年4

ワイルドカードSSL証明書価格    
¥32,844/年    

無制限にサブドメインを得られるので大きな節約になります。

1 つのワイルドカードSSL証明書が 1 つの Webサイト (lilysbikes.com) とそのサブドメインすべて (shop.lilysbikes.com、blog.lilysbikes.com、m.lilysbikes.com) に送信されるデータを暗号化します。

地上最強の暗号化技術

GoDaddy ワイルドカード証明書には、世界最強のSHA-2/2048ビット暗号化を採用しています。ハッカーから守ることができます。

サーバー数の制限なく適用できます。

すべては単一のダッシュ ボードから1つの GoDaddy ワイルドカード証明書でサーバーやサブドメインの数に制限なく保護できます。

必要なときに助けを得ましょう。

ワイルドカードSSL証明書についての質問がある場合、早急な解決のため、050 6864 8178 より、弊社のセキュリティエキスパートにご連絡ください。

適切な SSL証明書を簡単に選択できるようにしました。

適切な SSL証明書を簡単に選択できるようにしました。

DV SSL証明書

 

OV SSL証明書

 

EV SSL証明書

 
推奨対象
個人 Webサイト
組織、ビジネス Webサイト
EコマースWebサイト
アドレスバーにトラストインジケーターを表示
数分で発行可能な自動認証
Google®のランキング向上
強力なSHA-2/2048ビット暗号化
アドレスバーの南京錠
複数のWebサイトを保護 マルチ ドメインSAN SSL
すべてのサブドメインを保護 (ワイルドカードSSL)
セキュリティ・トラストシール

サイトを安全に保つ様々なオプション。

Ssl Cert 217

SSL証明書

あなたのWebサイトが信頼できることを訪問者に示しましょう。

最低価格:

¥6,339/年

Web Backup Yellow 217

Webサイトバックアップ

Webサイトとデータのバックアップコピーを保存します。念のためです。

最低価格:

¥252/月

Web Secrity Yellow 217

Webサイトセキュリティ

Webサイトを守りクラッカーを排除します。

最低価格:

¥732/月

GoDaddy ワイルドカード証明書に関するよくある質問:

SSLの期間変更の理由は?

2020/09/01 より、SSL/TLS証明書の発行が最大13ヵ月(397日)になります。この日以降、購入されるすべてのSSL証明書には新たな期間適用がされますが、それ以前に購入されたものはこの限りではありません。詳細についてはこちらのブログ記事から期間変更や GoDaddy の対応についてご確認ください

ワイルドカードSSL証明書とは何ですか?

ワイルドカードSSL証明書は、ドメイン名欄にワイルドカード文字(*)が表示される証明書で、たった1枚で複数のサブドメインをまとめて保護できます。ワイルドカードSSL証明書では、Webサイトはもちろんのこと、すべてのサブドメインに対しても同じベースドメイン下で、認証やHTTPS暗号化の実施が可能になります。これにより、主なドメイン、サブドメインの両方で、訪問者とやり取りする重要情報を安全に保護することができます。

たとえば、lilysbikes.comというドメインをお持ちだと想定して考えてみましょう。この場合、お持ちのサイトの暗号化はもちろん必要ですが、他にもblog.lilysbikes.com や shop.lilysbikes.comなどでも同じように、安全対策が必要になるはずです。ワイルドカードSSL証明書なら、Webサイトもサブドメインも保護されるため、これら3つをすべて安全に守ることができます。

ワイルドカード SSL はどうして必要なのですか?

同一ドメインの配下にある複数のサブドメインを保護する場合は、ワイルドカードSSL証明書の取得を検討してください。サブドメインごとに複数の証明書をインストールする代わりに、ワイルドカード SSL でサブドメインすべてに対応することができます。

GoDaddy ワイルドカードSSL証明書のメリット

まず、保護対象のサブドメイン数に制限がありません。大規模なビジネスサイトを持ち、その中に多数のサブドメインがある場合、サブドメインが同じ階層にある限り、1 つの証明書で対応できます。

また、サブドメインが多数ある場合、複数の証明書よりも、ワイルドカード証明書で全サブドメインに対応したほうが大幅に費用を抑えられます。

購入できる GoDaddy ワイルドカード証明書のタイプを教えてください。

ワイルドカード証明書は、ドメイン認証 (DV) または組織/個人認証 (OV/IV) SSL証明書として購入可能です。EV 証明書の業界要件により、ワイルドカード EV SSL証明書は発行できません。

ワイルドカードSSL証明書に対応していないサーバーはありますか?

Microsoft Exchange サーバーにある複数のサブドメインを対象に複数の SSL証明書を使用している場合、Exchange が正しく動作するには、証明書に各サブドメインが明記されている必要があるため、ワイルドカードSSL証明書ではなく、UCC SSL証明書を購入してください。ワイルドカードSSL証明書を認識できない古いモバイル オペレーティングシステムがあっても、これで古いモバイルデバイスも適切に Exchange 証明書に接続できます。

SAN とワイルドカードSSL証明書を組み合わせて使用できますか?

いいえ。UCC 証明書では、ワイルドカードドメインは使用できません。この場合、対応が必要なサブドメイン数と、必要性を検証して、最適なSSL証明書のタイプを決めることになります。

4 免責事項

サードパーティのロゴやマークは、それぞれの所有者の登録商標です。無断複写・転載を禁じます。