セキュアなドメインを変更

SSL証明書の「共通名」は変更できます。共通名とは、セキュリティ保護/暗号化する主なドメイン名です。

追加詳細

  • デラックスおよびEV(Extended Validation)SSLでは、共通名のみを変更できます。組織の情報は変更できません。
  • 新しい共通名のドメイン名のドメイン確認プロセスを受ける必要があります。
  • 新しい共通名を要求しても、SSLの有効期限には影響はありません。
  • 古い共通名を使用してセキュアな接続を確立できるのは、共通名への変更を完了してから72時間です。
  • 証明書が共有ホスティングサービスのいずれかに添付されている場合は、証明書の共通名を変更しても、関連するサービスのドメイン名は変更されません。 サービスのドメイン名は個別に変更する必要があります詳細を表示)。

スタンダードまたはデラックスSSLの共通名を変更するには

  1. 「アカウントマネージャ」にログインします。
  2. SSL証明書」をクリックします。
  3. 使用する証明書の横にある「管理」をクリックします。
  4. 使用する証明書の横の「アクション」欄で、「ステータスの表示」をクリックします。
  5. 管理」をクリックします。
  6. 証明書により保護するサイトを変更」をクリックします。
  7. Webサイトのホスティング先に基づいて、以下のいずれかを選択します。
    ホスト済み... 操作
    共有ホスティングまたはサイトビルダー ホストされているドメインに変更」を選択し、使用するドメイン名を選択します。
    他社 ホストされているドメインに変更」を選択解除します。
    証明書に対して使用する共通名を入力します。
  8. 保存」をクリックします。
  9. SSL証明書を使用してサーバーのCSRを指定し、新しいサーバーに移動している場合は、証明書をキー更新する必要があります(詳細を表示)。
  10. 保存されたすべての変更を送信」をクリックします。

次に、新しい共通名に対する要求を確認する必要があります(詳細を表示)。


この記事は役に立ちましたか。
ご意見・ご感想をお寄せいただき、ありがとうございました。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 どうすればお役に立てるでしょうか。