メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

ドメイン ヘルプ

GoDaddy ドメインを転送する

GoDaddy で登録されているお使いのドメインを転送し、訪問者がそのドメインを訪問した際に、訪問者を別のページに移動させます。転送は、既に Web サイトをお持ちである場合や、お使いのドメインをソーシャルメディアページに接続したい場合に便利です。

  1. GoDaddy のドメインポートフォリオにサインインします。(ログインでお困りですか?ユーザー名またはパスワードをご確認いただけます。)
  2. 更新するドメインの横にあるチェックボックスを選択します。または、ドメイン名の横にあるチェックボックスを選択し、「すべて選択」を選択します。
    複数のドメインが選択されているスクリーンショット
  3. アクションメニューから「転送」を選択します。
    • 画面のサイズによっては、「転送」を表示するために、「その他」メニューを選択して、下にスクロールすることが必要になる場合があります。
  4. http://」または「https://を選択します。これは転送先 URL 専用です。転送されるドメインは、SSL が有効にならないか、https 経由で転送されます。https が有効な転送は、ホスティングプラットフォームから設定できる場合があります。
  5. ドメインが転送される宛先のURLを入力します。これが、ブラウザのアドレスバーに御社のドメインを入力した訪問者を移動させる目的地になります。
    • 最初または最後の文字は数字または文字でなければいけません。
    • ピリオドを使うこともできます
    • 最大 1,000 文字です
    • 連続するピリオド(...)は使用できません
    • アンダースコアは使用できません
  6. 以下の転送タイプを選択します:
    • 恒久的 (301):ユーザーを目的の URL に移動させ、ドメインの永続的な場所としてその新しいサイトコンテンツを表示するよう検索エンジンに伝えます。
    • 一時的 (302):リダイレクトが削除されるまでの限られた時間、ユーザーと検索エンジンを希望する新しい場所にリダイレクトする、一時的な変更です。
    • 転送とマスキング:マスキング付き転送は、ブラウザのアドレスバーに御社のドメインを表示したまま、そのドメインの訪問者を目的の URL に移動させます。また、この方法には、検索エンジン情報のメタタグを入力する選択肢があります。
  7. 転送タイプに「恒久的 (301)」または「一時的 (302) リダイレクト」を選択した場合、転送設定を保存するには「続行」を選択します。
  8. 転送タイプに「マスキング付き転送」を選択した場合、「次へ」を選択し、少なくとも 1 つのフィールドに詳細を入力します。次に「保存」を選択します。
    • タイトル:ブラウザタブと検索結果に表示される短いフレーズ (最大 80 文字) です。
    • 説明:検索エンジンの結果に表示される、Web サイトの短い説明(最大 150 文字)です。
    • キーワード:コンテンツや Web サイトの目的を説明するキーワードのリスト (最大 500 文字) です。
  9. ドメインにドメイン保護が設定されている場合は、本人確認を行う必要があります。 2段階認証(2SV)を24時間以上オンにしている場合は、SMSで送信したコードを入力するか、認証アプリからのコードを入力します。それ以外の場合は、登録者のメールアドレスに送信されたワンタイムパスワードを入力します。

弊社は、弊社と繋がっていない場合、自動でGoDaddy ネームサーバーに対してドメインの更新を行います。DNS の更新はほとんどの場合 1 時間以内に反映されますが、グローバルに更新されるには最大 48 時間かかる場合があります。

関連する手順

  • 転送するべくドメイン名のwwwのバージョンが必要なら、お客様のwwwCNAME@にポイントしていることを確認してください。

詳細

  • 転送を追加すると、@ A レコードが自動的に更新されロックされます。A レコードを変更する必要がある場合には、まず転送を削除する必要があります。
  • すべてのWebサイトがマスキングされているわけではありません。マスキングされているドメインが空白のページに表示されている場合、転送のみに切り替えるか、ホストにマスキングの許可について確認してください。
  • ドメインとアカウントで最高のセキュリティを実現するために、 2段階認証を設定します。
  • ドメイン保護を追加またはアップグレードして、手違いによる期限切れや不正な操作からドメインを保護します。