ヘルプ

ドメイン ヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

GoDaddyネームサーバーをセカンダリネームサーバーとしてセカンダリDNSを有効にする

セカンダリDNSを使用すると、ドメインのゾーンファイルを2番目のネームサーバーに自動的にバックアップできます。ネームサーバーの最初のセットがダウンすると、自動的にバックアップにリクエストが送信されます。バックアップにはプライマリネームサーバーと同じゾーンファイルがあります。セカンダリDNSを使用するには、ドメインにプレミアムDNS必要です。 DNSSECとセカンダリDNSを同じドメイン名で使用することはできません。

GoDaddyネームサーバーをセカンダリネームサーバーとして使用するには、自分のネームサーバーがプライマリネームサーバーとして設定されていることを確認する必要があります。 IP範囲50.63.22.0-50.63.22.255および208.109.132.0-208.109.132.255からのAXFRリクエストを許可するには、プライマリネームサーバーセットを有効にする必要があります。最高のパフォーマンスを得るには、プライマリがNOTIFYメッセージを97.74.112.1または97.74.112.2。に送信するように設定してください。

注意: GoDaddyネームサーバーをセカンダリとして設定した場合、ゾーンファイルは読み取り専用になります。 DNSの変更はすべてプライマリネームサーバーセットに対して行う必要があります。

  1. お客様のGoDaddyのドメイン コントロール センターにログインします。(ログインでお困りですか?ユーザー名またはパスワードをご確認頂けます。)
  2. リストからドメイン名を選択して、「ドメイン設定」ページにアクセスします。
  3. 追加設定から、DNSの管理を選択してください。
  4. 拡張機能」で、「セカンダリDNS 」を選択します。
  5. [有効]で[オン]を選択します。
  6. ゾーンの設定」ドロップダウンメニューで「セカンダリ」を選択します。
  7. 「プライマリの指定」の下で「追加」を選択し、各セクションの詳細を入力します。
    • 開始IPアドレス:プライマリネームサーバーのIPV4 IPアドレス範囲の先頭を入力します。
    • 終了IPアドレス:プライマリネームサーバーのIPV4 IPアドレス範囲の終了を入力します。
    • TSIGタイプ:トランザクションの認証に使用するアルゴリズム(ハッシュ関数)を選択します。 TSIGを使用しない場合は、なしを選択します。
    • TSIG名:TSIGキーの一意の名前を入力します。
    • TSIG値:TSIGキーの値を入力します。この値は、両方のネームサーバーセットが共有し、要求の認証に使用するパスワードです。
  8. 「通知を許可する場所」の下で「追加」を選択し、各セクションの詳細を入力します。
    • 開始IPアドレス:プライマリネームサーバーのIPV4 IPアドレス範囲の先頭を入力します。
    • 終了IPアドレス:プライマリネームサーバーのIPV4 IPアドレス範囲の終了を入力します。
  9. 「更新」を選択し、「適用」を選択して変更を保存します。

グローバルネットワーク全体でDNSが完全に更新されるまでには、24〜48時間かかる場合があります。

詳細


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。