メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

管理WordPress ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

最終編集


WordPressサイトを手動で移行するシリーズの最後のステップです。

必須:最終編集を行って手動移行を完了するには、次のものが必要です。
  • サイトの設定ファイルにアクセスするためのFTPクライアント。 Filezillaをお勧めします。
  • サイトの設定ファイルを編集するためのテキストエディタ-wp-config.php。 Notepad ++をお勧めします。 Microsoft Wordなどのワープロアプリケーションでファイルを編集しないでください。
  • ステップのデータベーステーブルプレフィックス-データベースをインポートします

FTPクライアントに接続して編集し、サイトの設定ファイルを最終編集します。wp-config.phpファイル。テーブルのプレフィックスを更新し、新しいSiteurlHomeを割り当てる必要があります。これらの変更により、サイトが新しいデータベースに接続できるようになります。

  1. FTPクライアントでManaged WordPressアカウントに接続します。 ( FTPとの接続でお困りですか?)
  2. インターフェースのリモートサイト側のFileZillaで、右クリックwp-config.php、[表示/編集]を選択します。
    設定ファイルを選択して編集
  3. エディタで、$table_prefixインポートしたデータベースの正しいプレフィックスを反映するように編集します。以下の例では、元のテーブルプレフィックスは'wp_9666d08kk3_'更新して'wp_'
    古いテーブルプレフィックス
    新しいテーブルプレフィックス
  4. 新しいManaged WordPressアカウントに関連付けられているドメインと一致するように、SiteurlHomeを編集します。この例では、アカウントのセットアップ時に割り当てられた一時ドメイン「pxk.0e5.myftpupload.com」があります。アカウントの状況に固有のドメインを使用します。
    1. Siteurl: define( 'WP_SITEURL'、 'http://coolexample.com ');
    2. ホーム: define( 'WP_HOME'、 'http://coolexample.com ');

    設定ファイルの更新されたsiteurlとhome

    注意: SiteurlHomeの定義wp-config.phpドメインをこの新しいホスティングアカウントに向ける準備ができるまでは一時的です。

  5. エディタで、変更を保存します。これにより、FileZillaは変更が加えられたことを認識し、ファイルをサーバーにアップロードすることを提案します。 FileZillaで、[はい]を選択します。
    「はい」を選択してファイルをアップロード

おめでとうございます! WordPressサイトのManaged WordPressプランへの手動移行が完了しました。

関連ステップ

  • ドメインを新しい管理WordPressプランにポイントする準備ができたら、管理ダッシュボードで「ドメインの変更」リンクを見つけて選択してください。残りの作業は弊社が行います。
    WordPressの一時ドメイン通知
  • ドメインが別のGoDaddyアカウントで登録されている場合は、IPアドレスを確認してからAレコードを変更する必要があります。

その他の情報